【ヤクルト野手陣の最新序列は?】二遊間は山田哲とエスコバーでほぼ決まり。村上は三塁が基本線だが…

【ヤクルト野手陣の最新序列は?】二遊間は山田哲とエスコバーでほぼ決まり。村上は三塁が基本線だが…

不動の存在である山田哲の注目は打順。2番を任される試合もあるかもしれない。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で開幕は延期になったが、いずれの球団も来るべき時に備えて準備を進めている。果たして、ヤクルトの野手陣はどのような陣容で開幕を迎えるのか。一軍で出場機会を得られそうな選手を対象に、キャンプやオープン戦で見えてきた現時点での序列を整理する。

<記号の見方>
◎=不動のレギュラー、〇=有力レギュラー候補、△=バックアップ、★=将来のレギュラー、×=故障離脱中/開幕二軍濃厚

【捕手】
〇中村悠平
△嶋基宏【NEW】
△松本直樹
★古賀優大

 中村と新加入の嶋がレギュラーを争うが、中村が一歩リード。3番手に打撃好調の古賀が収まりそう。ただ、古賀は次代の正捕手としての期待もあるため、二軍で経験を積ませる選択肢があってもおかしくはない。その場合は松本直樹が3番手か。

【一塁手】
○坂口智隆
△西田明央
△宮本丈
△村上宗隆
×荒木貴裕

 内野は村上次第で状況が変わる。高津臣吾新監督は三塁起用を構想していたが、キャンプでの故障離脱があり一軍のオープン戦では三塁の守備についていない。コンディションによっては一塁を守ってもおかしくはない。ただ、村上の三塁起用が基本線とすれば、復活を期する坂口がレギュラー格。次いで捕手登録ながらパンチ力のある西田が務める。春季キャンプで離脱していた荒木は二軍で実戦復帰予定。右の代打から一塁での起用も。

【二塁手】
◎山田哲人
△吉田大成
△宮本丈
×太田賢吾

 二塁は山田で確定。オープン戦で結果は出ていないものの、これは例年のことであり大きな心配はいらない。試合によっては2番を打つこともあり、打順も注目される。もし山田に不測の事態が起きれば、打撃フォーム変更で好調な吉田が控えている。
 【三塁手】
○村上宗隆
△西浦直亨
△廣岡大志
△吉田大成
△エスコバー
×太田賢吾
×川端慎吾

 村上が基本線だが、間に合わない場合は西浦と廣岡そして吉田の3人が候補となる。太田は2月24日以降オープン戦には出場しておらず、開幕一軍は厳しいだろう。元首位打者の川端は腰の手術明けでリハビリ中。練習試合やオープン戦序盤にはエスコバーが三塁、西浦が遊撃のパターンも試している。

【遊撃手】
◎エスコバー【NEW】    
△西浦直亨
△廣岡大志
×奥村展征
★武岡龍世【NEW】

 遊撃は打撃面でやや不安はあるが、新外国人エスコバーが確実。全盛期と比べると守備範囲は狭くなった感はあるが、フィールディングは群を抜いている。西浦と廣岡がバックアップとなる。奥村は右ヒザの手術を受け、全治未定。また、高卒ルーキーの武岡がオープン戦で一軍デビューを果たした。U-18日本代表歴もあり、将来のレギュラー候補として期待されている。
 【左翼手】
◎青木宣親
△塩見泰隆
△上田剛史
△坂口智隆
△宮本丈
★濱田太貴

 バレンティンが守っていた左翼には青木が収まる。不動のレギュラーだが、現在38歳であり全試合フル出場を臨むのは酷。バックアップには上田、宮本らが控える。また、坂口や塩見も左翼を守れるため、試合終盤は柔軟な起用が可能。若手有望株としては、高卒2年目の濱田が控えている。

【中堅手】
〇塩見泰隆
△坂口智隆
△上田剛史
△藤井亮太
×山崎晃大朗

 山崎と塩見の争いだったが、春季キャンプで山崎が離脱。すでに打撃練習を再開しており実戦復帰も近いが、オープン戦で好調な塩見がレギュラー当確一歩手前の状況だ。一塁に村上が入れば、坂口が起用される可能性もある。藤井もオープン戦では中堅を守っており、バックアップとなる。
 【右翼手】
〇雄平
△塩見泰隆
△上田剛史
△坂口智隆
×中山翔太

 中山が離脱したことで、昨年に引き続いて雄平がレギュラー格となる。坂口が一塁ないしセンターのスタメンで起用されれば、塩見が右翼に回る。オープン戦では若手有望株として期待される濱田も右翼でも起用されており、左翼とあわせチャンスを与えられることもありそうだ。

取材・文●勝田聡

著者プロフィール
かつた・さとし/1979年生まれ、東京都出身。人材派遣業界、食品業界で従事し30代後半で独立。プロ野球、独立リーグ、MLBなど年間100試合ほど現地観戦を行っている。2016年から神宮球場でのヤクルト戦を全試合観戦中。

【ヤクルトPHOTO】「NEVER STOP 突き進め!」無観客試合でも元気ハツラツにプレーするナイン!

関連記事(外部サイト)