【中日投手陣の最新序列は?】ロメロの穴を埋める先発は?ゴンサレスが食い込めばブルペンは盤石に

【中日投手陣の最新序列は?】ロメロの穴を埋める先発は?ゴンサレスが食い込めばブルペンは盤石に

新加入のゴンサレスが、オープン戦で好調を維持している。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で開幕は延期になったが、いずれの球団も来るべき時に備えて準備を進めている。果たして、中日の投手陣はどんな陣容で開幕を迎えるのか。一軍で出場機会を得られそうな選手を対象に、キャンプやオープン戦で見えてきた現時点での序列を整理する。

<記号の見方>
◎=先発/ブルペンの柱、〇=一軍有力、△=一軍当落線上、★=将来の主戦投手候補、×=故障離脱中/開幕二軍濃厚

【先発】
◎大野雄大
◎柳裕也
〇小笠原慎之介
〇山本拓実
△岡野祐一郎【NEW】
△福谷浩司
△吉見一起
×梅津晃大
×ロメロ

 開幕投手に内定している大野雄と、新球シンカーがハマっている柳は、今年も左右のエースとして通年での安定した働きが求められる。先発3番手として期待されていたロメロが怪我で離脱してしまったのは大誤算だが、若手投手にはこのチャンスを活かして台頭してほしいところ。状態が良いわけではない小笠原は、次回登板で開幕ローテーションの当確ランプを灯したい。また球速増に加え新球スラッターの習得で成長を続ける山本も、開幕ローテ入りは濃厚だろう。
  残る5、6番手の椅子は、復活を期すベテラン・吉見、腰痛から復帰し快投を続ける福谷、調整遅れが心配ながらエース級のポテンシャルを持つ梅津と、即戦力ルーキー・岡野の4人で争う。また育成選手として新加入のロドリゲスは、常時140キロ後半をマークする快速球が武器。ポテンシャルの高さ故に「ロメロの代役」としての期待もかかるが、まずは二軍でじっくり育成したい。
 【救援】
◎岡田俊哉
◎藤嶋健人
◎R・マルティネス
◎福敬登
〇ゴンサレス【NEW】
〇又吉克樹
△橋本侑樹【NEW】
△祖父江大輔
△鈴木博志
×三ツ間卓也

 岡田、藤嶋の間で繰り広げられたクローザー争いは、オープン戦での成績・起用法を見る限り、昨季終盤と同様、岡田に軍配が上がりそうだ。試合終盤に投げる「Aチーム」リリーフとしては、こちらも昨季と同様に藤嶋、R・マルティネス、?福?の3人が控える。オープン戦で無失点投球を続けるゴンサレスがその一角に食い込むようだと、さらにブルペンは盤石の体制になるだろう。
  高速サイドハンド・又吉も苦手の対左打者向けに改良したツーシームが効果的で、今季は復活が期待される。その他にも祖父江や鈴木博は、まずは試合序盤・中盤に投げる「Bチーム」から序列を上げて行きたいところだ。昨季主にロングリリーフとして活躍した三ツ間が離脱中なのは痛いが、即戦力ルーキー・橋本には高い奪三振能力を武器に、開幕から三ツ間の穴を埋める働きを期待。??

文●ロバートさん (@robertsan_CD)

【著者プロフィール】
1988年生まれ。Twitterにて中日ドラゴンズの戦力分析・考察を行う中日ファン。中日新聞プラスにて「データで考える中日ドラゴンズ」を連載中。

関連記事(外部サイト)