【里崎智也のパ・リーグ順位予想】本命は則本が万全で挑める楽天。ロッテは種市、二木が2ケタ勝てないならBクラス

【里崎智也のパ・リーグ順位予想】本命は則本が万全で挑める楽天。ロッテは種市、二木が2ケタ勝てないならBクラス

則本が怪我無く万全の状態で開幕に臨めるのは大きい、と里崎氏は言う。写真:日刊スポーツ/朝日新聞社

3月20日に予定されていたプロ野球の開幕が、新型コロナウイルスの影響で4月10日以降へ延期された。現時点で再開の見通しは示されていないが、過去に例を見ない変則的なスケジュールになるのは間違いないだろう。そんな過酷なシーズンを、野球解説者たちはどう見ているのか。現役時代はロッテで活躍し、第1回WBCの優勝メンバーでもある里崎智也氏に、今季の順位を予想してもらった。

【里崎氏のパ・リーグ順位予想】
1位 楽天
2位 ソフトバンク
3位 西武
4位 ロッテ
5位 オリックス
6位 日本ハム

 楽天は、去年は長期離脱した則本昂大が怪我なく開幕に万全で臨めるのは大きいです。ロッテからFAで移籍してきた鈴木大地にしても、爆発的な結果を残すとは思わないですけども、安定的な数字は100%残してくれる。松井裕樹の先発再転向を不安視する声もあるみたいですけど、別にいいんじゃないですか。ダメだったら戻せばいいだけですし。先発に転向したからって一生、先発をやらなければならないわけではないですし。何のデメリットもない。

 ソフトバンクはやっぱり故障者ですよね。ここまで毎年、怪我人が続出していて、今年だけ違うとも考えられないんで。実際、千賀滉大も開幕に間に合うか分からない。そうなってきた時に、去年みたいに失速しまうのではないかと。もちろん、怪我人が出なかったらダントツで優勝でしょうね。
  西武は秋山翔吾の抜けた穴を言われますけど、野手陣より投手がポイントだと思います。別に秋山の穴を埋められなくても、得点力が下がっても、防御率が良くなればチャラになるんで。多分、踏ん張れると思うんですよね。今井達也、高橋光成ら西武の若手投手は若いから安定感には欠けるかもしれないですけど、伸びしろもありますよね。その伸びしろがハマれば秋山の穴を埋められると思います。Aクラスに入ってくる力はあるのではないかな。

 ロッテは上の3チームと比べると少し落ちるかなと。5位か4位で迷うなって感じです。ここも種市篤暉、二木康太と若い投手がいますが、西武の今井と違って10勝したことないですからね。2人が今年2ケタ勝てないようだったらBクラス決定でしょう。
  安田尚憲も注目選手ですけど、そもそも使うかどうかですよね。レアードと井上晴哉は使うわけじゃないですか。活躍するかというより、使うのかどうかの問題ですよ。井口資仁監督はもし今年、Bクラスだったら、山本功児監督以来の監督就任3年連続Bクラスなんですよ。やっぱりそれは避けたいと思うんですよね。そうなってきた時に、育成と勝ちとどう両立できるかですよね。

 オリックスは、個々の選手を見ると力がある選手はいっぱいいるんですよ。でも、それでもいつも勝てないんですよね。新外国人のジョーンズが入りましたけど、個ではなく打線のつながりを意識して、チームとして戦略的に戦えるかどうかでしょうね。個の力だけで戦っていては上には行けない。例年どおりという感じになってしまうと思います。
  日本ハムは層の薄さを感じますよね。若手が台頭してきてないんで。三遊間も弱いですし。ビヤヌエバとか外国人の頑張りにかなりかかってますよね。清宮幸太郎や吉田輝星も期待は高いですけど、やってみなきゃ分からない。清宮は高卒2年目と考えればこんなもんじゃないですかね。期待するのは自由ですが、計算できるかって言うと、分からない。

解説●里崎智也

【プロフィール】
さとざき・ともや/1976年生まれ。鳴門工高、帝京大を経て98年ドラフト2位でロッテに入団。05年にロッテの日本一に貢献すると、翌年の第1回WBCで日本代表メンバーに選ばれて優勝を経験。14年を最後に現役を引退し、現在は野球解説者として活躍。YouTubeの『Satozaki Channel』は登録者数24万人を超える人気を集める。
 

関連記事(外部サイト)

×