【川口和久のセ・リーグ順位予想】佐々岡真司は「運がある男」。FA組残留の広島が2年ぶりの優勝だ

【川口和久のセ・リーグ順位予想】佐々岡真司は「運がある男」。FA組残留の広島が2年ぶりの優勝だ

若手・ベテラン隔てなく調子の良い選手を起用する佐々岡監督の方針により、チームは活気づいている。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

3月20日に予定されていたプロ野球の開幕が、新型コロナウイルスの影響で4月10日以降へ延期された。現時点で再開の見通しは示されていないが、過去に例を見ない変則的なスケジュールになるのは間違いないだろう。そんな過酷なシーズンを、野球解説者たちはどう見ているのか。広島・巨人OBの川口和久氏に、今季の順位を予想してもらった。

【セ・リーグ順位予想】
1位 広島
2位 阪神
3位 巨人
4位 DeNA
5位 中日
6位 ヤクルト

 東京オリンピックの開催と新型コロナウイルスによる開幕の延期によって、今シーズンは過密日程になる可能性が非常に高い。6連戦が増え、ダブルヘッダーが入ってくるという話もある現状を踏まえれば、投手力の差がモノを言うシーズンになりそうだ。

 ヤクルトは投手力不足が積年の課題で、なおかつ今季は主砲のバレンティンが抜けた。打者有利の神宮球場で、いかに相手を抑えるかの目途が立っていない印象も受ける。高津臣吾新監督はいろいろと工夫しているようだが、上位に予想するのは難しい状況だ。

 また、中日も上位に推せる強い要素がない。投手陣は昨シーズンに復調した大野雄大を筆頭に、柳裕也や小笠原慎之介など先発の頭数は足りているし、中継ぎ陣もまずまず揃っている。ただ一方で、野手陣の層の薄さは気がかりだ。ファーストはビシエド、ショートは京田陽平、外野には大島洋平や平田良介といった具合に、中日はラインナップがほぼ読める。レギュラーを固定できるため安定した戦いはできるが、逆に言えば主力のケガ人が致命傷になりかねないのだ。今季の過密日程を考えると、なおさらそのリスクは軽視できない。
  この2チームと比較すると、4位以上に予想したDeNA、巨人、阪神、広島は力が拮抗している。

 DeNAは山崎康晃が守護神に君臨し、パットンやエスコバーといった中継ぎの駒も健在。先発も今永昇太、濱口遥大、石田健大ら良い左腕が並んでいる。打線も筒香嘉智(タンパベイ・レイズ)の代役に指名された佐野恵太や、新加入のオースティン、昨シーズンの本塁打王であるソトもいる。横浜スタジアムという球場の狭さもあり、打つことに関しても心配はないだろう。

 そのDeNAを4位にしたのは、中継ぎ陣にやや不安があるのと、直接対決で阪神に弱すぎるためだ。昨シーズンの阪神との対戦成績は、8勝1分16敗。力が拮抗しているだけに、直接対決の結果は順位に大きく響きかねない。
  巨人は未知数な部分が多く、オープン戦でも結果が出ていない。投手陣では菅野智之は計算できるものの、二番手に誰が来るのか。サンチェスは韓国でプレーしていたので、まずまずの結果は残せるだろう。ただ、戸郷翔征や高田萌生、鍬原拓也、桜井俊貴といった若手の有望株は、現時点で勝ち星を計算するのが難しい。また、中継ぎ陣にも不安があるため、パーラを加えた強力打線と原辰徳監督の采配で勝ち星を拾っていくことになるはずだ。

 対して、阪神は藤川球児をはじめとする中継ぎ陣が抜群だ。先発でも高橋遥人が台頭し、新外国人のガンケルやスアレスにも目途が立った。とはいえ、阪神は広い甲子園が本拠地だ。打線には長距離砲が不可欠で、マルテや新戦力のボーアなどの外国人が上手く機能しないと優勝は近づいてこないだろう。

 そして広島は、私も現役時代に一緒に戦ってきた佐々岡真司という男が、今シーズンから監督としてスタートする。佐々岡監督について最初に感じたのは、 “運がある男”だということだ。なにせ、菊池涼介、會澤翼、野村祐輔のFA3人組がすべて残留したのである。加えて、ピレラやDJ・ジョンソン、スコットといった外国人を獲得し、選手層も厚くなった。昨シーズンはチームとして不調だったにも関わらず70勝を挙げている。巨人が77勝で優勝したことを考えると、広島が今年7勝を上積みするのはそう難しくないだろう。
  先発は大瀬良大地、ジョンソン、ルーキーの森下暢仁もいいし、そこに野村や床田寛樹が入ってくれば駒は揃う。抑えに不安はあるが、佐々岡監督は新戦力のスコットを後ろに持ってきた。そのスコットと中崎翔太を軸に新戦力のDJ・ジョンソンや一岡竜司、フランスアあたりでつないでいけば、先発、中継ぎ、抑えの並びが確立してくる。

 緒方孝市前監督は若手をあまり試さなかったが、佐々岡監督は台頭してきた若手を積極的に起用し、チームを活性化させる方針だ。身体が固いが頭は柔らかい佐々岡監督らしい判断だと言えるだろう。

 ピレラが入り、鈴木誠也、松山竜平、西川龍馬、會澤が揃う打線に心配はない。佐々岡監督は小園海斗や堂林翔太も使おうとしているし、他にも野間峻祥、長野久義など駒の数を挙げればきりがない。OBである私の贔屓目もあるが、広島の2年ぶりの優勝は十分に射程圏内だと言えるだろう。

解説●川口和久

【著者プロフィール】
かわぐち・かずひさ/1980年のドラフト1位で広島に入団。95年にFAで巨人に移籍した後、98年限りでユニフォームを脱いだ。現役引退後は巨人のコーチや編成を務め、現在は解説者として活躍。
 

関連記事(外部サイト)