【岡田彰布のセ・リーグ順位予想】優勝は阪神やと思ってたけど、キャンプを見て意見が変わった。DeNAがいいよ

【岡田彰布のセ・リーグ順位予想】優勝は阪神やと思ってたけど、キャンプを見て意見が変わった。DeNAがいいよ

5年目を迎えるラミレス監督がまとめるチームは、守備面でもピリッとした緊張感が見えた。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

3月20日に予定されていたプロ野球の開幕が、新型コロナウイルスの影響で4月10日以降へ延期された。現時点で再開の見通しは示されていないが、過去に例を見ない変則的なスケジュールになるのは間違いないだろう。そんな過酷なシーズンを、野球解説者たちはどう見ているのか。阪神、オリックスで監督を務めた岡田彰布氏に、今季の順位を予想してもらった。

【岡田氏のセ・リーグ順位予想】
1位 DeNA
2位 阪神
3位 広島
4位 巨人
5位 ヤクルト
6位 中日

 中日とヤクルトは厳しいけど、4位以上はどこが優勝してもおかしくないな。かなり力が拮抗していると思うわ。

 そのなかで1位を決めるならDeNAやな。キャンプを見て、今年はチャンスだという印象を受けたよ。

 巨人は今オフに山口俊(トロント・ブルージェイズ)が抜け、DeNAは筒香嘉智(タンパベイ・レイズ)が移籍して戦力ダウンした。だから、阪神に優勝のチャンスが出てきたと思ったけど、キャンプを見て考えが変わったな。DeNAはいいよ。選手の粒が揃ってきて、連覇していた頃の広島のような雰囲気がある。

 筒香の抜けた4番には佐野恵太を使うようだけど、彼を挟む3、5番の外国人(オースティン、ソトなど)が打てるから、佐野は精神的に楽だ。少々打てなくても目立たないから、ノビノビとプレーできる。
  それに、シートノックを見ていても、チームから落ち着いた雰囲気を感じたな。大人のチームになったというか、去年までとは明らかに違う。DeNAは打つチームというイメージがあると思うけど、守備の連係もしっかりしてきたし、一皮剥けた印象だ。そういう良い雰囲気はシーズンにも好影響を与えるから、今年はチャンスだよ。

 阪神はホンマに外国人次第やな。いつもそうだけど、シーズン途中から打てんようになるやろ。ボーアは最初見に行った時は良かったけど、オープン戦に入るとだんだんあかんようになってきたし…ホント分からへん。しかも、阪神は外国人選手が8人おるねんな。だから枠の問題も出てくる。右打者のボーアあたりが出てくればチームの思惑通りなんやけど、今のところそういう話は聞かないしな。ピッチャーは救援陣がしっかりしているから、先発の頭数が揃えば問題なく戦っていけると思うよ。
  広島は、大瀬良大地、ジョンソンのふたりで30勝できる可能性があるし、新人の森下暢仁もローテーションを守れる力がある。野村祐輔が復帰してくれば、さらに心強いな。投手陣は明らかに巨人よりもいいよ。心配なのは、後ろを務める中崎翔太くらいやな。鈴木誠也が引っ張る打線は計算できるので、中崎が安定すれば優勝も狙える。監督が代わってチームの雰囲気が明るくなっていたのも好材料やな。

 巨人はバッターが揃っているから、ある程度点は取れるだろう。ただ、新加入のパーラーはもともと中距離打者だから怖さがあまりない。それに、一番気になるのは投手陣。菅野智之の次のピッチャーがいないからな。昨年のセ・リーグ最多勝投手・山口が抜けた穴はでかいよ。キャンプでは若い選手が投げていたけど、まだまだ計算できる戦力ではなかった。投手陣が不安定だとシーズンは厳しいやろうな。
  ヤクルトもピッチャーが心許ない。キャンプを見てもこれという人材がいなかったな。石川雅規や小川泰弘もシーズンを通してのフル回転は難しいだろうし、彼らが万全の状態でも投手陣はしんどいよ。村上宗隆がケガ上がりの打線は、バレンティンが抜けて山田哲人への負担がどうしても増える。それも逆風やな。

 中日は戦い方が定まっているけど、球場の影響もあってホームランが出にくいし、打線のつながりもいまいち良くない。かといって、計算できる投手陣がいるわけでもないのがつらいな。やっぱり一番の気がかりは、勝ちパターンが作れないこと。勝っている試合でも、負けている試合でも、同じ救援陣が出てくる。そのあたりの住み分けがしっかりできてくれば、面白くなるんやけどな。

解説●岡田彰布

【プロフィール】
おかだ・あきのぶ/1957年生まれ。北陽高、早稲田大学を経て79年ドラフト1位で阪神に入団し、1年目からレギュラーとして活躍。85年にはチーム21年ぶりの日本一に貢献し、ベストナインとダイヤモンドグラブ賞(現ゴールデングラブ賞)を受賞した。プロ16年で通算1520安打、247本塁打。95年の現役引退後は阪神、オリックスで指揮を執り、現在は野球解説者として活躍。

関連記事(外部サイト)