【里崎智也のセ・リーグ順位予想】台風の目は中日。巨人は山口俊と阿部、DeNAは筒香の穴をどう埋めるかがカギ

【里崎智也のセ・リーグ順位予想】台風の目は中日。巨人は山口俊と阿部、DeNAは筒香の穴をどう埋めるかがカギ

里崎氏は中日を1位に推す大胆予想。高橋周平をはじめ徐々にメンバーがそろってきたことは確かだ。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

3月20日に予定されていたプロ野球の開幕が、新型コロナウイルスの影響で4月10日以降へ延期された。現時点で再開の見通しは示されていないが、過去に例を見ない変則的なスケジュールになるのは間違いないだろう。そんな過酷なシーズンを、野球解説者たちはどう見ているのか。現役時代はロッテで活躍し、第1回WBCの優勝メンバーでもある里崎智也氏に、今季の順位を予想してもらった。

【里崎氏のセ・リーグ順位予想】
1位 中日
2位 巨人
3位 広島
4位 阪神
5位 DeNA
6位 ヤクルト

 中日は2016、17年くらいから最下位予想が多かったんですけど、若い選手が多いので、彼らが成長したら強くなると思っていて。今年はひょっとしたらひょっとするんじゃないかという期待を込めて1位に推します。セ・リーグの台風の目ですね、中日は。

 去年だってオールスター以降は良かったわけだし。シーズン序盤に中継ぎ陣がバタバタして、交流戦でうまくいかなかったのが足引っ張っただけ。ただ、全体的にチームを底上げしないと、1人や2人頑張っただけで勝てないですよね。与田剛監督もそこでうまくいかなかったことが、監督経験としての今年に生きてくると思うんです。チーム打率はセ・リーグナンバーワン。あとは投手陣が踏ん張れたらですね。
  去年、優勝した巨人は山口俊と阿部慎之助の穴を埋められるかどうかですよね。ピッチャーで言ったらサンチェス、バッターで言ったらパーラがどれだけ働くか。もしくは、それに代わる日本人の若手が台頭してくるかどうか。

 広島、阪神も外国人がどうかというところでしょうね。まあ正直、分からないですよ。オープン戦で好調だったのに、シーズンでは不発に終わったロサリオってパターンもあるわけじゃないですか。正直、外国人はやってみなきゃ分からない。広島は去年は中継ぎ以降も怪我人が多かったんで。その怪我人が戻って、後ろもしっかり回ってくれば、Aクラスには入ってくるんじゃないかと。

 DeNAは東克樹がトミー・ジョン手術で今季絶望、筒香嘉智もおらんくなった。投打の柱がいないわけで、残った選手たちがどこまで行くのかってところですよね。オースティンを使うならソトがセカンドで、守備は大丈夫だと思い切れないところで5位ですね。
  ヤクルトは、勝負するのが今年じゃないという感じですよね。高津臣吾さんが新監督になって、若い選手をどこまで育て上げるか。3年後、5年後に向けてチームを作っていくところじゃないですか。

 注目の新人ですか? 僕、そもそも新人に誰も期待していないんで。活躍してくれたらラッキーっていうスタンスです。活躍できないのが当たり前、別に新人に命運を託さないといけないチームなんて、そもそもの編成が間違っていますよ。過度な期待をする必要もないし、2、3年後にチームの柱になってくれたらいいよねって。
  大卒や社会人でも同じです。活躍する条件があるとしたら、身体の強さです。それも、映像で1試合見ただけで耐久性がどんだけあるか、再現性がどれだけあるかなんて分からないじゃないですか。それって積み立てた中で見えることだから。

解説●里崎智也

【プロフィール】
さとざき・ともや/1976年生まれ。鳴門工高、帝京大を経て98年ドラフト2位でロッテに入団。05年にロッテの日本一に貢献すると、翌年の第1回WBCで日本代表メンバーに選ばれて優勝を経験。14年を最後に現役を引退し、現在は野球解説者として活躍。YouTubeの『Satozaki Channel』は登録者数24万人を超える人気を集める。
 

関連記事(外部サイト)