【楽天投手陣の最新序列は?】守護神争いがチーム最激戦区! ブルペンは新戦力の台頭著しい

【楽天投手陣の最新序列は?】守護神争いがチーム最激戦区! ブルペンは新戦力の台頭著しい

守護神争いがキーポイント。宋は外国人枠との戦いにも勝たなければいけない。写真●金子拓弥(THE DIGEST写真部)

猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で開幕は延期になったが、いずれの球団も来るべき時に備えて準備を進めている。果たして、楽天の投手陣はどんな陣容で開幕を迎えるのか。一軍で出場機会を得られそうな選手を対象に、キャンプやオープン戦で見えてきた現時点での序列を整理する。

<記号の見方>
◎=先発/ブルペンの柱、〇=一軍有力、△=一軍当落線上、★=将来の主戦投手候補、×=故障離脱中/開幕二軍濃厚

【先発】
◎則本昂大
◎涌井秀章【NEW】
◎辛島航
○松井裕樹
○石橋良太
○弓削隼人
△塩見貴洋
△福井優也
△藤平尚真
×岸孝之
  先発ローテーションはタレントが揃う。開幕投手に任命されている則本昂は、昨季に右ヒジの手術を受け、前半戦の大半をリハビリに費やして5勝に終わっただけに、今季は「20勝、200イニング」と鼻息荒い。則本とダブルエースの岸は、腰の負傷により開幕ローテーション入りを回避したものの、コンディションが万全であれば計算が立つ。

 経験豊富な辛島、今季から先発に転向する松井が名を連ね、塩見も故障した腰の状態が安定すれば左右の戦力がより安定する。さらにはロッテから通算133勝の涌井が加入したことで、より厚みが増した。

 昨季に中継ぎから先発にコンバートして8勝とブレイクを果たした石橋、「西武キラー」として存在感を示した福井、オープン戦で首脳陣の評価を上げた“和製ランディ・ジョンソン”弓削もローテーション入りを狙う。昨季、イースタン・リーグで最高勝率と最多奪三振を獲得した4年目の藤平も、競争を勝ち抜けば覚醒する可能性を秘めている。
 【救援】
◎森原康平
◎高梨雄平
◎ブセニッツ
◎宋家豪
○酒居知史【NEW】
〇牧田和久【NEW】
○寺岡寛治
○釜田佳直
○滝中瞭太【NEW】
○津留崎大成【NEW】
△シャギワ【NEW】
△安樂智大
△青山浩二
△久保裕也
△渡邊佑樹

  救援陣も駒は潤沢だ。中継ぎは、左のワンポイントなどで重宝される変則左腕の高梨に釜田、寺岡、渡邊、安樂。即戦力ルーキーの滝中、津留崎と生きのいい若手が揃う。そこに、3年ぶりに日本球界に復帰する牧田、ドジャースなどでプレーしたシャギワと、メジャーリーグ経験者が加わる。昨季に自己最多の62試合に投げた青山、今年40歳を迎える久保の両ベテランもブルペンを支えてくれるはずだ。

 守護神は、今季の楽天で最も競争が激しいと予想されるポジションだ。

 現在、頭ひとつ抜けているとされるのが4年目の森原。64試合で防御率1.97と大ブレイクを果たした昨季の投球を再現できれば、定着も現実となる。対抗馬となるのは、昨季48試合で防御率2.18の宋、来日1年目から32ホールドポイント、防御率1.94をマークしたブセニッツ。ただし、外国人投手3名(宋、ブセニッツ、シャギワ)は4つの一軍登録枠も争わなければならず、チームにとっては嬉しい悩みとなる。
 

関連記事(外部サイト)