【岩本勉のパ・リーグ順位予想】やはり優勝候補筆頭はソフトバンク。キャンプ充実の日本ハムは2位に躍進

【岩本勉のパ・リーグ順位予想】やはり優勝候補筆頭はソフトバンク。キャンプ充実の日本ハムは2位に躍進

岩本氏は古巣・日本ハムの2位躍進を予想する。名護の新球場で充実したキャンプを過ごすことができていたという。写真:金子拓弥

3月20日に予定されていたプロ野球の開幕が、新型コロナウイルスの影響で4月10日以降へ延期された。現時点で再開の見通しは示されていないが、過去に例を見ない変則的なスケジュールになるのは間違いないだろう。そんな過酷なシーズンを、野球解説者たちはどう見ているのか。日本ハムOBの岩本勉氏に、今季の順位を予想してもらった。

【パ・リーグ順位予想】
1位 ソフトバンク
2位 日本ハム
3位 楽天
4位 西武
5位 ロッテ
6位 オリックス

 ソフトバンク優勝の理由は、ズバリ選手層の厚さ。チーム構成に隙がなく、戦力も群を抜いていて、やはり優勝候補の筆頭です。

 日本ハムは1月にできたばかりの名護タピックスタジアムで充実したキャンプを行うことができていました。昨季全休していたマルティネスが戻ってくるし、シーズン途中には上沢直之も復帰の見込み。昨年5位から躍進を果たすと思います。

 楽天ははっきり言って未知数ですが、オフの補強や改革でチームの体質が変わり、「新しいイーグルス」にが生まれたことは間違いない。彼らがその気になったときには、十分Aクラス浮上が考えられます。
  西武は秋山翔吾(シンシナティ・レッズ)の穴がやはり大きい。高打率・高出塁率のリードオフマンである彼が抜けたことで、山川穂高、森友哉、中村剛也らポイントゲッターも、思うように打点が挙げられずに苦しむんじゃないかと思います。それに、ここ数年来の泣き所である投手力は、今季も相変わらず。秋山の不在による得点力の低下もあって、今季は落ちてくるんじゃないかと予想します。

 ロッテはオフシーズンこそにぎやかだったけれども、キャンプを見た限りではそれで具体的にチームがどう変わったのか見えなかった。ひいてはキャンプの充実感というものがあまり感じられなかったです。福田秀平が元気だったくらいかな。

 オリックスで注目すべきはやはり、大物助っ人アダム・ジョーンズがどんなケミストリーをもたらしてくれるかですね。メジャーで実績もあるし、彼がチームに良い影響をもたらしてくれれば上に行くこともできる。大阪のチームということもあって、選手がその気になったら誰にも止められないくらい勢いが出てくるんじゃないかと思う。ただ、オリックスはここ5年ずっとBクラスで、波に乗れずに「やっぱり勝てないのか」と選手たちが思ったときに、一気にチームが勝てなくなってしまう危険性が高いです。

解説●岩本勉

【プロフィール】
1971年生まれ。阪南大高を経て90年ドラフト2位で日本ハムに入団。98年から2年連続2ケタ勝利を挙げ人気・実力ともにチームのエースとして活躍。通称「ガンちゃん」としてファンから愛された。 05年を最後に現役を引退し、現在は野球解説者・スポーツコメンテーターとしてTV、ラジオを中心に幅広く活動中。
 

関連記事(外部サイト)