秋山は好調、筒香と山口は苦戦。オープン戦では明暗が分かれた3人の日本人メジャーリーガー

秋山は好調、筒香と山口は苦戦。オープン戦では明暗が分かれた3人の日本人メジャーリーガー

オープン戦での結果では明暗が分かれた秋山と筒香。レギュラーシーズンではどうなるだろうか。(C)Getty Images

秋山翔吾(シンシナティ・レッズ)と筒香嘉智(タンパベイ・レイズ)は、3月26日の開幕戦でメジャーデビューするはずだった。山口俊(トロント・ブルージェイズ)も、3月中にはメジャー初登板を果たしていたに違いない。だが、新型コロナウイルスのパンデミックにより開幕は延期され、早くても5月下旬に。さらに遅れ、7月以降にずれ込んでもおかしくない。延期の決定後も練習試合を行っている日本プロ野球と違い、メジャーではスプリング・トレーニングも中断している。

 2人の日本人野手を比べると、サンプル数はわずかとはいえオープン戦の結果は対照的だ。秋山は10試合に出場し、長打は二塁打1本しかないものの、28打数9安打(2四球)、打率.321、出塁率.367の好成績を記録している。

 一方、筒香は12試合で打率.179(28打数5安打)、出塁率.258(3四球)だ。2月の5試合は本塁打1本と二塁打1本を含む9打数4安打と好スタートを切った筒香だが、3月の7試合は19打数で内野安打1本のみ。オープン戦が中断した時点で、4試合続けて無安打(11打数0安打)という状態だった。また、秋山が30打席で7三振、三振率23.3%だったのに対し、筒香は実に39.3%(31打席で13三振)とかなり高い数字になっている。
  筒香の場合、アジャストが必要な要素は秋山よりも多い。12試合の出場ポジションは、レフト、三塁、DHが4試合ずつ。2試合続けて同じポジションで出場したことは一度もなく、打順は4番を除く1〜6番の5スロットに入った。もしかすると、こうしたことも打撃に影響しているのかもしれない。ただ、開幕してからも、打順はともかく、ポジションは流動的になるだろう。こうした起用に慣れておく必要がある。

 秋山は、この点では日本時代と同じ。レフトが1試合あるだけで、他はすべてセンターを守り、打順も9試合でリードオフを務めた。3月4日の試合で4番に座ったのは、チームメイトの事情による。妻の出産に立ち会い、チームを離れていたマイク・ムスタカスが打席に立つ機会を増やすため、この試合は1番に入った。懸念材料を挙げるとすれば、盗塁失敗と牽制死が1度ずつで、盗塁がないことくらいか。
  筒香と同じく、先発ローテーションの5枠目を争う山口も結果を残せていない。4登板で9.0イニングを投げて自責点9(防御率9.00)。本塁打を5本打たれている。奪三振は6、与四球は5だ。ライバルの投手うち、アンソニー・ケイとショーン・リードフォーリーは3月下旬に3A行きとなり、ネイト・ピアソンもマイナー開幕が濃厚ながら、“本命”のトレント・ソーントンが残っている。こちらは防御率4.22とまずまず。新たな開幕の前に行われるであろう試合の投球にもよるが、山口はブルペンに回ることになりそうだ。
  なお、阪神からブルージェイズへ移籍し、山口とチームメイトになったラファエル・ドリスは、2登板を無失点に抑えたところで虫垂炎の切除手術を受けた。その時点では出遅れが必至だったが、延期により、開幕戦で7年ぶりにメジャーのマウンドに上がる可能性も出てきている。

文●宇根夏樹

【著者プロフィール】
うね・なつき/1968年生まれ。三重県出身。『スラッガー』元編集長。現在はフリーライターとして『スラッガー』やYahoo! 個人ニュースなどに寄稿。著書に『MLB人類学――名言・迷言・妄言集』(彩流社)。

【PHOTO】艶やかに球場を彩るMLBの「美女チアリーダーズ」!

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今日は、オープン戦の初戦でした! まだ始まったばかりなので、じっくりいきます?? 散髪は、チームメイトのAdamesおすすめのbarber shopに行きました!

筒香 嘉智 Yoshitomo Tsutsugo(@yoshitomo.tsutsugo_official)がシェアした投稿 -

関連記事(外部サイト)