【斉藤和巳のパ・リーグ順位予想】層の厚さが順位の決め手!「大型補強ではない」ロッテはBクラスと予想

【斉藤和巳のパ・リーグ順位予想】層の厚さが順位の決め手!「大型補強ではない」ロッテはBクラスと予想

大注目の佐々木朗は、斉藤氏をして「大谷翔平以上の才能」と言うが、今季のペナントには影響を与えないとも。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

3月20日に予定されていたプロ野球の開幕が、新型コロナウイルスの影響で4月10日以降に延期になり、さらに24日以降へと先送りされた。現時点で再開の見通しは示されていないが、過去に例を見ない変則的なスケジュールになるのは間違いないだろう。そんな過酷なシーズンを、野球解説者たちはどう見ているのか。現役時代はプロ野球史上7人目の投手五冠を達成し、パ・リーグ初の沢村賞を複数回受賞した斉藤和巳氏に、今季の順位を予想してもらった。

【斉藤氏のパ・リーグ順位予想】
1位 ソフトバンク
2位 楽天
3位 日本ハム
4位 西武
5位 ロッテ
6位 オリックス

 今年に関しては、例年以上に順位の予想が難しいです。ただ、戦力的にはやはりソフトバンクが頭一つ抜けていますね。穴がない、というのとは少し違って、他のチームと相対的に判断すると、ソフトバンクが優位だなと思っています。

 去年も柳田悠岐をはじめケガ人が多かったですが、今年も千賀滉大、高橋礼など離脱しているのは気になりますね。ただ、昨年も日本一になったように、主力を欠いても他の選手で補うことができる。それができる選手の層の厚さは他球団にない強みです。しかも、開幕が延期になったことで、キューバ組(グラシアルとデスパイネ)もシーズン序盤から復帰できそうなことも追い風になりそうです。
  楽天は2位予想ですが、実は昨年も同じ順位にしていました。則本昂大、岸孝之という二枚看板が長期離脱しても昨年3位に入ったのはマグレだとは思いません。今年も岸は離脱していますが、則本が開幕から元気なのは大きなプラスですし、涌井秀章という1年間ローテーション投手として期待できる存在がいるのも頼もしいですね。抑えから転向する松井裕樹はまだ何とも言えないですが、仮に先発としてうまくいかなくとも、その時はまたブルペンに戻せばいいだけですから。

 野手に関しても若手が育ってきていますし、鈴木大地、ロメロが加わったことで各ポジションの争いが激しくなっているのも良いことですね。今年は面白いと思います。ソフトバンクとの差があるとすれば、先発陣でしょうか。リリーフに関しては互角以上だと思うので、怪我人があまり出なかったら、かなり競ると思います。

 やはりカギを握るのは松井でしょう。本人は以前から「先発で勝負したい」と言っていたので、期待しています。変に色気を出して長いイニングをこなすことを考えず、クローザー時代と同じように1イニング1イニングをしっかり抑えていくピッチングをまずは心がけて、徐々に投球回を増やしていけるようになるのが理想だと思いますね。まだ若く、吸収力が高い選手だと思うので、一歩ずつが大事です。
  ほとんど補強らしい補強をしていない日本ハムの3位予想に、驚かれる方もいると思います。これは、私の過去の傾向と逆の予想をしているからですね。正直、戦力的には5位前後かなと思っているのですが、そういうシーズンに日本ハムは上位に来ることが多いので、Aクラスと予想しています(笑)。

 西武は確かに2年連続リーグ優勝を果たしていますが、その原動力は打線です。その一方、防御率は2年連続でリーグワースト。日本プロ野球の歴史を見渡しても、投手陣がこれだけ弱いチームで優勝してきたことはないと思います。

 昨年はエース(菊池雄星/現シアトル・マリナーズ)と3番(浅村栄斗/現・楽天)が抜けても優勝しました。しかし今年は、1番の秋山翔吾(現シンシナティ・レッズ)が流出。これは本当に痛い。彼ほど打てて、かつ出塁できる選手がいなくなると、いくら打線が良くても得点力は一気に落ちる可能性があります。金子侑司、川越誠司がブレイクしないようだと厳しいでしょうね。

 また、西武の場合は先発メンバーが絶対的な一方で、控えとの実力差が大きいのも気になります。誰かが怪我をした時に、補えるような選手が見当たらないですね。
  ロッテは補強をしましたが、個人的には「大型補強」という印象はありません。美馬学は2ケタ勝利はキャリア通して1回だけですし、福田秀平も昨年は良かったですが、レギュラーシーズンずっと活躍したことはないですよね。種市篤暉や二木康太と若手投手が育ってはいるものの、まだ独り立ちしているとは言えないので、未知数なところが多いチームだと思います。もっとも、すべてが噛み合えばダークホースになる可能性は十分あります。

 ドラフトでは佐々木朗希の指名に成功したのは大きいですね。ただ、これは今シーズンにとって大きいのではなく、将来を考えた時に計り知れないプラスです。まだ身体が成長しきっていないので、今年に関して無理はさせないでしょう。いや、させてはいけないです。日本の宝を引き受けた段階で、ロッテがどう育てていくのかは大変な注目を集めているわけで、しっかり育成してほしいと思います。

 個人的には、ピッチャーとしての能力は大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)を上回っていると見ています。ただ、その能力を引き出せるかどうかが今後の課題でしょうね。

 オリックスは6位としていますが、一人ひとりは力のある選手が多いんですね。ただ、組織としてうまく機能していない、脆さがあるチームです。いったん負け始めるとなかなか連敗が止まらない。投手力は素晴らしいですが、昨年は打線が吉田正尚頼みでした。今シーズンはジョーンズが加入したとはいえ、彼らの前後を打つ打者がしっかりしないと厳しいでしょうね。

 評論家の間では、オリックスは毎年評価は高いのですが、チームとしてなかなか……。もったいない、というシーズンがずっと続いています。

【著者プロフィール】
さいとう・かずみ/1977年11月30日、京都府京都市出身。1995年ドラフト1位で福岡ダイエー(現ソフトバンク)に指名されてプロ入り。2003年にパ・リーグ18年ぶりとなる20勝の大台をクリアし、最多勝・最優秀防御率・最高勝率のタイトルを獲得して沢村賞に選ばれた。06年にはプロ野球史上初の開幕15連勝を達成するなど、史上7人目の投手五冠を達成して自身2度目の沢村賞を受賞。その後は故障もあって13年限りで現役を引退し、以降は評論家・解説者に転身。
 

関連記事(外部サイト)