【野村弘樹のセ・リーグ順位予想】1〜4位までは激戦の予感!DeNAは若い投手の出来次第では優勝も!?

【野村弘樹のセ・リーグ順位予想】1〜4位までは激戦の予感!DeNAは若い投手の出来次第では優勝も!?

DeNA投手陣のポテンシャルは高い。あとは怪我や不振がなく発揮できれば……。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

3月20日に予定されていたプロ野球の開幕が、新型コロナウイルスの影響で4月10日以降に延期になり、さらに24日へと先送りされた。現時点で明確な再開の見通しは示されていないが、過去に例を見ない変則的なスケジュールになるのは間違いないだろう。そんな過酷なシーズンを、野球解説者たちはどう見ているのか。現役時代は横浜で活躍し、最多勝も獲得した野村弘樹氏に、今季の順位を予想してもらった。

【野村氏のセ・リーグ順位予想】
1位 巨人
2位 広島
3位 DeNA
4位 中日
5位 阪神
6位 ヤクルト

 巨人は確かに不安な面もあります。特に投手陣。ただ、シーズンが終わってみたら、何だかんだ優勝していそうな雰囲気があります。去年もそうでしたが、原辰徳監督の手腕が今年も発揮されそうです。

 原監督は主力だろうが外国人選手だろうが、シビアな起用ができます、ダメな選手は使いません。いい選手、中でも状態のいい選手をちゃんと見極めて使っていますよね。そして巨人は、選手を入れ替えながら戦える選手層の厚さがあります。ただ、いくらオープン戦とはいえ、あれだけ負け続けたのは、心配は心配ではありますが。

 最多勝を獲得した山口俊(現トロント・ブルージェイズ)が抜けたのは痛いです。ですが、巨人の軸はやはり菅野智之なんですね。そして今年、菅野はフォームを変えるなど、さらに進化しようとしていて、沢村賞を狙っているような意気込みを感じます。彼が数年前よりもすごい投球をしたら、山口の穴は十二分に埋まるはずです。
  広島は2位にしましたが、優勝もあるんじゃないかと思います。菊池涼介が残留したのがまず大きいですし、個人的には森下暢仁が相当やるんじゃないかと。彼の投球をじっくり見たわけではないですが、その端々に実戦感・試合感の良さを感じます。「ピッチングがうまいピッチャー」でしょう。タイプは違いますが、同じ明治大出身で2012年に新人王を獲得した野村祐輔の姿とダブります。

 打線では、バティスタ退団は痛手ですが、鈴木誠也は日本を代表するプレーヤーになりましたし、他にもいい選手がいるので穴は最小限にとどめられるでしょう。広島のカギを握るのは、田中広輔。去年に打率.193と大不振だった彼が今年、再び1番打者として活躍できるかどうか。小園海斗の存在もいい刺激になるでしょうね。彼ら2人の起用法もポイントです。

 小園を一軍でどう使っていくか。確かにまだまだ穴はあるのですが、一軍で使っていくと、さらに伸びていく感じがしています。将来のためには、小園にしっかりと出番を与えることも必要でしょう。身体つきは素晴らしいし、何より守備がいい。失策の多さは、まだまだ高卒1年目の選手なので大目に見てあげないと。一軍の厳しいところでプレーして、そういう緊張感の中でやることは成長に大いにつながります。
  DeNAは3位にしましたが、個々の能力は相当高いと思っています。

 ただ、ここ数年は主力選手が予定通りに働いていません、特に先発投手。左の先発が4枚(今永昇太、M口遥大、東克樹、石田健大)いますが、東は今年トミー・ジョン手術を受けて投げられません。今永は去年復活しましたし、石田もブルペンで活躍しましたが、その前の年は良くなかったですよね。M口も故障が多い。それだけに、若い投手たちがしっかり活躍できれば、優勝を狙えるチームだと思います。

 打線では、やはり筒香嘉智(現タンパベイ・レイズ)の退団はかなり大きいです。ですが、彼に代わる新キャプテンの4番・佐野恵太は面白いと思いますよ。オープン戦好調のオースティン、2年連続本塁打王のソト、ロペスなど外国人選手を、枠が限られている中で、いつ、誰を、どのポジションで、何番で起用していくかも大事になってきそうです。

 DeNAは良いところもあるけど未知数のところも多い。OBとしては1位に予想するのは簡単です。期待を裏切ってくれたら手放しに喜べますが、終わってみたら、3位あたりに落ち着いていそうな気がしているんですよね。
  中日は4位ですが、正直、1〜4位までは激戦になると思っています。中日はとにかく、レギュラーが固まってきたのが一番。心配なのはピッチャー、特に勝利の方程式で誰を起用するのか。藤嶋健人も面白い存在ですが、全体としては未知数の部分が大きいような気がします。

 野手では根尾昂、石川昂弥の2人がやはり注目です。キャンプでも見ましたが、特に石川のバッティングと体格は高卒レベルとは思えませんね。ただ、今年は二軍で鍛えることになるでしょう。
 
 阪神はどうしても外国人頼みの印象が強いです。得点力をどう上げていくのかに、今年も頭を悩ませそうですね。近本光司が2年目のジンクスにはまるようだと厳しい。投手では藤浪晋太郎がどれだけやれるか。彼は15勝以上できるポテンシャルがあるので、それがフルに発揮されれば上位勢を脅かすかもしれませんよ。

 ヤクルトはやはり、ピッチャーが苦しいですね。奥川恭伸はヒジの状態もあってスロー調整ですが、モノが違います。元気だったら早く一軍で投げさせたいだろうな、とは思います。しかし、そう思ってしまうような一軍の状況が、今のヤクルトの台所事情の厳しさを表わしていますね。

 バレンティンが抜けても攻撃力は高いチームなので、兎にも角にも投手陣がどれだけ踏ん張れるか。開幕の遅れで、村上宗隆が故障から復帰できそうなのはプラスに働きそうです。

【著者PROFILE】
のむら・ひろき/1969年6月30日生まれ、広島県広島市出身。PL学園高ではエースで4番を務め、87年に甲子園春夏連覇を達成。87年ドラフト3位で横浜大洋ホエールズに指名されてプロ入りした。93年に17勝で最多勝を獲得するなど、2ケタ勝利を6度マーク。98年にはチーム最多13勝を挙げ、球団38年ぶりのリーグ優勝&日本一に貢献した。2002年に15年の現役生活を終え、引退後はコーチや解説者、評論家として活躍中。
 

関連記事(外部サイト)