【野村弘樹のパ・リーグ順位予想】開幕延期はソフトバンクに追い風。Aクラスの顔ぶれは昨年と変わらず!

【野村弘樹のパ・リーグ順位予想】開幕延期はソフトバンクに追い風。Aクラスの顔ぶれは昨年と変わらず!

開幕が延期したことで、ソフトバンクは千賀をはじめ主力級がフル稼働する可能性も。写真:滝川敏之

3月20日に予定されていたプロ野球の開幕が、新型コロナウイルスの影響で4月10日以降に延期になり、さらに24日へと先送りされた。現時点で明確な再開の見通しは示されていないが、過去に例を見ない変則的なスケジュールになるのは間違いないだろう。そんな過酷なシーズンを、野球解説者たちはどう見ているのか。現役時代は横浜で活躍し、最多勝も獲得した野村弘樹氏に、今季の順位を予想してもらった。

【野村氏のパ・リーグ順位予想】
1位 ソフトバンク
2位 西武
3位 楽天
4位 ロッテ
5位 オリックス
6位 日本ハム

 ソフトバンクはやはり選手層が厚いです。エースの千賀滉大や高橋礼らが出遅れていますが、開幕が延期されたことで、彼らが間に合いそうなのは大きいですよね。

 また、オリンピックが延期になったこともプラスに働きそうです。本来であれば、ソフトバンクは千賀、高橋礼、柳田悠岐、甲斐拓也など多くの主力が持っていかれたはずだったので、レギュラーシーズンだけに集中できるのは疲労面・精神面でもアドバンテージになります。首脳陣も運用がしやすくなったので、胸をなで下ろしているのではないでしょうか。

 オリンピックがある前提で言えば、今年のペナントは荒れると見ていましたが、延期されたことでソフトバンク一強の感も出てきたような気がします。
  西武は2位にしましたが、優勝を十分狙える存在です。ただ、秋山翔吾(現シンシナティ・レッズ)の抜けた穴は相当大きいでしょうね。秋山に代わる1番・センター金子侑司の頑張りにも注目ですが、個人的には若いピッチャー、今井達也と橋光成に期待したいです。二人とも甲子園優勝投手ですし、持っている能力は本当に高い。まだまだその実力を出せているとは思っていないので、もっとやれるはずです。

 ブルペンでは、昨年は平井克典が81登板、増田達至も61登板と疲労が気になるところではあります。ただ、開幕が遅れたことで身体も休めたとは思います。身体とボールのズレは実戦じゃないと分かりませんし、レギュラーシーズンは143試合をこなす予定なので、大変なのは間違いないですが、長い期間を休養に充てられたのは大きいですね。

 大型補強した楽天も面白い存在です。カギを握るのは松井裕樹。ずっと抑えをやってきた彼が先発としてどれだけやれるか。球種の少なさが気になるので、そうしたところも注目していきたいですね。ロッテから加入した鈴木大地と涌井秀章、メジャー帰りの牧田和久など、選手層の厚みが増したのは間違いないので、今年もAクラスを狙えると思います。
  4位のロッテも、全体の層をうまく上げた印象です。ただ、上位3チームに比べると、戦力的にはまだ及ばないかなと。ドラフト1位の佐々木朗希は本当に楽しみな一方で、奥川恭伸(ヤクルト)と一緒で綿密なプランに沿って育成しています。順調なら今年中の一軍デビューはあるでしょうが、彼に過度な期待をしてはいけません。

 オリックスは「もったいない」と感じています。新加入のジョーンズ、Wエースの山本由伸&山岡泰輔、吉田正尚……個々を見れば、本当に良い選手が揃っていますよね。ただ、その実力に反して試合に勝てていない。期待を裏切られているような感じがしてしまいます。うまく噛み合っていないのかなぁ。
  6位の日本ハムは、強い時を振り返ると、ダルビッシュ有(現シカゴ・カブス)、大谷翔平(現ロサンゼルス・エンジェルス)というスターがいましたよね。清宮幸太郎あたりが打つようになれば、一気に行く可能性もありますが、まだ何とも言えない。また、昨年にショートスターターなどを導入したのも、結局は先発ローテーションを固定できないからという苦肉の策でした。有原航平以外をどう育てていくかが肝になると思います。

【著者PROFILE】
のむら・ひろき/1969年6月30日生まれ、広島県広島市出身。PL学園高ではエースで4番を務め、87年に甲子園春夏連覇を達成。87年ドラフト3位で横浜大洋ホエールズに指名されてプロ入りした。93年に17勝で最多勝を獲得するなど、2ケタ勝利を6度マーク。98年にはチーム最多13勝を挙げ、球団38年ぶりのリーグ優勝&日本一に貢献した。2002年に15年の現役生活を終え、引退後はコーチや解説者、評論家として活躍中。
 

関連記事(外部サイト)