【世代別で見るプロ野球】「清宮世代」ではなく「村上世代」? プロスペクトたちの序列は今後どうなるのか

【世代別で見るプロ野球】「清宮世代」ではなく「村上世代」? プロスペクトたちの序列は今後どうなるのか

山本(左)、村上(中央)は今後の日本球界を引っ張っていく存在。、小園(右)の成長にも期待がかかる。(C)THE DIGEST

プロ野球は世代別で見ると面白い。

 今回はプロスペクトと呼ばれる若手有望株の世代を見ていこう。具体的には、1998年度生まれ世代(以下、98世代)、1999年度生まれ世代(以下、99世代)、2000年度生まれ世代(以下、00世代)だ。

 98世代が高校3年生の時に行われた夏の甲子園で優勝したのは、作新学院高だった。5試合に先発して4完投と活躍したエース・今井達也(現西武)は一躍、甲子園のスターとして注目を集めた。

 だが、今井は大会前や世代スタート時点ではNo. 1評価を得ていたわけではない。この世代で“高校ビッグ3”として騒がれていたのは、寺島成輝(履正社高/現ヤクルト)、高橋昂也(花咲徳栄高/現広島)、藤平尚真(横浜高/現楽天)だった。

 甲子園で評価を急上昇させたのが今井なら、プロ入り後に台頭したのが今季からオリックスのエースナンバーを背負う山本由伸だ。
  プロ入りはドラフト4位と決して高評価ではなかったが、ルーキーイヤーに一軍デビューを果たすと、2年目はリリーバーとして活躍し、オールスターにも選出。そして昨季は開幕から先発ローテーションを務め、最優秀防御率のタイトルを獲得して一気に世代の象徴的存在となった。

 一方、“ビッグ3”は伸び悩んでいる。寺島はプロ入り後、投球フォームに悩み、高橋は左ヒジの靭帯を損傷してトミー・ジョン手術を受けた。藤平は一軍で結果を残した時期もあったが、昨季はほぼファーム暮らしだった。今井は昨季、先発ローテーションを務めて7勝を挙げてリーグ優勝に貢献したが、山本には遠く及ばない。

 もっとも、彼らはまだまだ若い。現時点の結果だけで評価を下すのは早計だ。それでも、中学時代までは野手で、高校では甲子園までたどり着かなかった山本がプロ入りわずか3年で世代のトップに立ったという事実は興味深い。

「県大会の3回戦で負けたんですけど、あれ以上勝っていたら、僕のヒジは危なかったかも」

 山本がかつてそんな話をしてくれたことがあったが、そうした人生のアヤもあるのだろう。オリックス入り後、当時のエース格だった西勇輝(現阪神)や金子弐大(現日本ハム)が抜けて先発枠が空いたことも含めて、山本は幸運なチャンスをしっかりモノにした選手だと言えるかもしれない。
  また、今年から山本の同世代が社会人経由でプロ入りしている。河野竜生(日本ハム)、太田龍(巨人)、浜屋将太(西武)などだ。リリーバーとしての居場所を見つけた堀瑞輝(日本ハム)も含め、今後どのような勢力図になるのかは楽しみだ。
 
 山本の1学年下の世代でも逆転現象が起きている。

 99世代の中心に常にいたのが清宮幸太郎(日本ハム)だ。ラグビーの名選手を親に持ち、高校通算111本塁打を打ち立てた彼の早稲田実業高での3年間は常に注目の的だった。迎えた17年のドラフトで、清宮は高校生では史上最多タイの7球団から1位指名を受けた。その清宮に続く存在とされていたのが、「東の清宮、西の安田」と称されていた。安田尚憲(履正社高/ロッテ)で、ドラフトでは外れ1位で3球団から指名された。
  だが、プロで最も早く台頭したのは、2人と同じ左のスラッガーである村上宗隆(ヤクルト)だった。高校1年夏、清宮とともに甲子園に出場した村上だったが、その後は県内のライバルの前に屈し、全国区の注目を浴びることはなかったが、ドラフトでは安田と同じく外れ1位とはいえ3球団からの指名されるなど実力は認められていた。

 村上はプロ1年目からファームで大活躍し、昨季は開幕レギュラーをつかむと高卒2年目での史上最多タイ記録となる36本塁打を放った。一方、清宮は豊かな才能の一端を示しながらも2年続けて故障に苦しんでいる。安田は昨年、ファームで本塁打と打点のタイトルを獲得。一軍でプロ初本塁打を放つなど、着実に成長を続けている。今季、2人は村上との差をどこまで詰めることができるだろうか。同タイプのスラッガーがいることは大きな刺激になるはずだ。

 一方、投手で頭角を表した存在がいる。西武のリリーバー・平良海馬だ。

 1年目のオフに菊池雄星との自主トレに参加。そこで体の使い方を覚えた平良は昨季、シーズン途中に一軍昇格を果たすとすぐに活躍。C Sではセットアッパーに昇格するなどチームに欠かせぬ存在となった。今春のキャンプでは先発を直訴するも結果がでず、再びリリーフでの活躍を目指す。移動中に英語を勉強するなど意識も高く、彼の目標はすでに海の向こうにあるのかもしれない。
  00世代の中心は、甲子園100回大会で活躍した選手たちだ。大阪桐蔭の根尾昂(中日)、藤原恭大(ロッテ)、報徳学園の小園海斗(広島)が注目選手だったことは今さら語るまでもないだろう。

 プロ2年目を迎えた現時点で、頭ひとつ抜け出しているのが小園だ。遮二無二練習に打ち込むカープのスタイルが小園には合っていたのだろう。今季は三塁のレギュラー定着が期待されている。一方、今季からバッティングフォームを変えた藤原、複数ポジションを守りながら起用法が定まっていない根尾はまだ育成に時間がかかりそうだが、まだ焦る必要もないだろう。
  投手では吉田輝星(日本ハム)、柿木蓮(日本ハム)ら甲子園を沸かせた投手を差し置いて、ドラフト6位でプロ入りした戸郷翔征(巨人)がプロ1年目で初勝利を挙げ、日本シリーズでもマウンドに立った。

 将来的にこの世代を代表するのは一体、誰になるのだろうか。

取材・文●氏原英明(ベースボールジャーナリスト)

【著者プロフィール】
うじはら・ひであき/1977年生まれ。日本のプロ・アマを取材するベースボールジャーナリスト。『スラッガー』をはじめ、数々のウェブ媒体などでも活躍を続ける。近著に『甲子園という病』(新潮社)、『メジャーをかなえた雄星ノート』(文藝春秋社)では監修を務めた。

【PHOTO】艶やかに球場を彩るMLBの「美女チアリーダーズ」!

関連記事(外部サイト)