ダルビッシュ有が“アメリカ残留”を決断。その理由は「感染が爆発していない場所に持ち込む可能性を排除したい」

ダルビッシュ有が“アメリカ残留”を決断。その理由は「感染が爆発していない場所に持ち込む可能性を排除したい」

世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るう中、アメリカに残ることを決断したダルビッシュ有投手。(C)Getty Images

4月2日、シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手が自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの影響でタンパベイ・レイズの筒香嘉智選手、トロント・ブルージェイズの山口俊投手、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手らの相次ぐ帰国が報じられる中、アメリカに残留することを宣言した。

 ダルビッシュは、「帰国しないんですかー?とかたまに聞かれますが、自分たちはアメリカに残ります」とツイート。その数分後には、「理由は1月に日本からの来客を断ったのと同じ理由です。ウイルスを持っている可能性がないともいえず、それをまだ感染が爆発していない場所に持ち込む可能性を排除したいからです」と“アメリカ残留”の理由を綴った。
  また、帰国をした山口投手についてコメント欄で聞かれたダルビッシュは、「今年MLBに加入した選手がこの状況のアメリカにとどまるのは死を感じると思います」と返信。「自己管理が素晴らしいですね」というファンからの声には、「この場合は他人管理が近いですかね」などとメッセージを返した。

 新型コロナウイルスの影響でメジャーリーグのシーズン開幕は延期。5月中旬以降を目指して準備が進められているが、7月まで延期となる可能性も出ている。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】艶やかに球場を彩るMLBの「美女チアリーダーズ」!
 

関連記事(外部サイト)