【2010年代シーズン別プレイバック:前編】ジャイアンツ黄金時代の幕開け、カブレラとトラウトのMVP争い、そしてジーターが引退した2010年代前半を振り返る

【2010年代シーズン別プレイバック:前編】ジャイアンツ黄金時代の幕開け、カブレラとトラウトのMVP争い、そしてジーターが引退した2010年代前半を振り返る

ジャイアンツは2010年、56年ぶりの世界一に輝いたのを皮切りに、この10年で3度もワールドチャンピオンの座を手にした。(C)Getty Images

ジャイアンツ黄金時代の幕開けとともに始まった2010年代は、ナショナルズ史上初の世界一で幕を閉じた。幾多のスター選手がくれたいくつもの感動を、シーズン毎に振り返る。今回は2010年から14年までを振り返る。

▼2010年
【ワールドチャンピオン】
サンフランシスコ・ジャイアンツ(56年ぶり6回目)

【主な出来事】
?ドラフトでブライス・ハーパーがワシントン・ナショナルズから全体1位指名される(6月)
?ニューヨーク・ヤンキースの元オーナー、ジョージ・スタインブレナー死去(7月)
?イチロー(マリナーズ)が史上初の10年連続200安打(9月)
?サンフランシスコ・ジャイアンツが56年ぶりの世界一(11月)

 1月、1998年にサミー・ソーサと本塁打レースを繰り広げたマーク・マグワイアが、現役時代のステロイド使用を認めて謝罪。「打高投低時代」の象徴だったマグワイアのこの行動が呼び水となったか、この年は2度の完全試合を含めて何と6度のノーヒッターが記録され、誤審による完全試合未遂も起きるなど「The Year of the Pitcher(投手の年)」と呼ばれた。スティーブン・ストラスバーグ、アロルディス・チャップマンの両剛腕がメジャーデビューして旋風を巻き起こしたのもこの年だ。

 シンデレラチームが多いシーズンでもあった。ア・リーグ東地区はヤンキース、レッドソックスを抑えてレイズが地区優勝。ナ・リーグ中地区ではレッズが15年ぶりの優勝を果たし、シーズン終盤まで三冠王争いを演じたジョーイ・ボトーがMVPに輝いた。ジャイアンツではマディソン・バムガーナーとバスター・ポージーの両ルーキーが台頭。1958年のサンフランシスコ移転後初のワールドチャンピオンに輝き、黄金時代の幕を開けた。オールスターではナ・リーグが14年ぶりに勝利。イチローはメジャー1年目からの連続200安打を10年連続としたが、結果的にこの年が打率3割を記録した最後のシーズンとなった。
 ▼2011年
【ワールドチャンピオン】
セントルイス・カーディナルス(5年ぶり11回目)

【主な出来事】
?バスター・ポージー(ジャイアンツ)が本塁でのクロスプレーで重傷(5月)
?デレク・ジーター(ヤンキース)が通算3000安打を本塁打で達成(7月)
?トニー・ラルーサ監督(カーディナルス)が勇退(10月)
?FAとなったアルバート・プーホルスがロサンゼルス・エンジェルスへ移籍(12月)

 ワイルドカードが各リーグ1枠だった最後の年で、その枠をめぐるエンターテインメントが繰り広げられた。両リーグとも、シーズン最終戦を迎えた時点でワイルドカード争いが未決着。しかも、どちらも有利だった球団が9回に追いつかれて逆転負けを喫し、追う側のチームがポストシーズン進出を決めた。特にレッドソックスがオリオールズ相手に9回裏に逆転負けを喫し、レイズがヤンキース戦で7点ビハインドから9回2死からの代打同点弾で追いつき、12回裏にエバン・ロンゴリアのサヨナラ弾で大逆転勝利を手にした流れは「球史で最もスリリングな129分」と評された。

 前年に続いて投手優位な傾向が続き、両リーグで投手三冠が誕生。ア・リーグはジャスティン・バーランダー(タイガース)が投手19年ぶりのMVPを受賞した。また、この年は時代の曲がり角でもあった。世界一に輝いたカーディナルスからは、ワールドシリーズで1試合3本塁打を放ったアルバート・プーホルスがFAとなり、名将トニー・ラルーサ監督も勇退して有終の美を飾った。一方、5年連続地区優勝中のフィリーズは、地区シリーズで敗退した試合で主砲ライアン・ハワードがアキレス腱を断裂。これを機に王朝の衰えが顕在化し、長い低迷期へ入っていく。
 ▼2012年
【ワールドチャンピオン】
サンフランシスコ・ジャイアンツ(2年ぶり7回目)

【主な出来事】
?ワイルドカードが2球団ずつに拡張
?ダルビッシュ有がテキサス・レンジャーズ入団(1月)
?4年ぶりの日本開幕戦が開催(3月)
?イチローがニューヨーク・ヤンキースへ移籍(7月)
?ミゲル・カブレラ(タイガース)が45年ぶり三冠王でMVP、トラウト(エンジェルス)が新人王受賞

 超有望株として期待を集めていたマイク・トラウト(エンジェルス)、ブライス・ハーパー(ナショナルズ)の2人が新人王を獲得。ハーパーは野手史上最年少で球宴に出場し、トラウトはMVP投票でも2位となり、「史上最高のルーキー」と騒がれた。そのトラウトを抑えてMVPに輝いたのは、45年ぶりの三冠王を獲得したミゲル・カブレラ(タイガース)だったが、新型指標WARの認知度が徐々に広まる中、トラウトとどちらがMVPにふさわしいのか激しい論争が巻き起こった。

 ペナントレースでは、下馬評が低かったオリオールズ、アスレティックスが躍進した一方、フェンウェイ・パーク開場100周年を迎えたレッドソックスは20年ぶりの地区最下位に沈み、ボビー・バレンタイン監督はわずか1年で解雇された。地域名を「フロリダ」から「マイアミ」に改称し、新球場完成に合わせて大補強を行ったマーリンズも地区最下位と期待を裏切った。

 日本人選手関連でも大きなニュースがあった。史上最高額のポスティング料5170万ドル+6年5600万ドルでレンジャーズ入りしたダルビッシュ有は1年目から16勝。7月23日には、イチローがマリナーズからヤンキースへトレードで移籍。朝のワイドショーが速報として取り上げるほど衝撃は大きかった。
 ▼2013年
【ワールドチャンピオン】
ボストン・レッドソックス(6年ぶり8回目)

【主な出来事】
?第3回WBCでドミニカ共和国が優勝(3月)
?バイオジェネシス・スキャンダルで13選手が出場停止(8月)
?ピッツバーグ・パイレーツが21年ぶりに勝ち越し(9月)
?マリアーノ・リベラ(ヤンキース)が現役引退(9月)
?ボストン・レッドソックスが世界一(10月)

 1月のマイアミ地元紙によるスクープを発端に、禁止薬物を入手した大物選手の実名が次々に明るみになる「バイオジェネシス・スキャンダル」が巻き起こった。ライアン・ブラウン(ブルワーズ)が65試合、アレックス・ロドリゲスが211試合の出場停止処分を受けるなど球界に激震が走った。

 シーズンの主役はレッドソックスだった。4月に北米プロスポーツ史上最長記録を更新していた本拠地完売記録が820試合でストップ。その数日後にボストンマラソンで爆弾テロが起きた中、下馬評を覆す快進撃で前年最下位からの地区優勝。そのままワールドチャンピオンに上り詰め、人々に勇気を与えた。一方、ライバルのヤンキースでは現役引退を表明していた史上最強クローザー?マリアーノ・リベラが球宴MVP、カムバック賞を受賞して有終の美を迎えた。

 キューバ勢の台頭も目立った。6月にデビューしたヤシエル・プイーグ(ドジャース)はワイルドなプレーで旋風を起こし、20歳のホゼ・フェルナンデス(マリナーズ)は新人王&サイ・ヤング賞投票3位の活躍。オフにはホゼ・アブレイユが6年6800万ドルでホワイトソックス、アレックス・ゲレーロが7年3200万ドルでドジャース入りと亡命組の大型契約が相次いだ。
 ▼2014年
【ワールドチャンピオン】
サンフランシスコ・ジャイアンツ(2年ぶり8回目)

【主な出来事】
?田中将大がニューヨーク・ヤンキースへ入団(1月)
?オーストラリアで南半球史上初のMLB公式戦が開催(3月)
?デレク・ジーター(ヤンキース)が現役引退(9月)
?8年ぶりに日米野球が開催(11月)
?第9代コミッショナーのバド・シーリグが任期満了

 球界の顔デレク・ジーター(ヤンキース)が2月にその年限りでの引退を発表。球宴で2打数2安打、ホーム最終戦でサヨナラ打を放つなど、持ち前のスター性を存分に発揮して輝かしいキャリアに幕を閉じた。

 投高打低の傾向が極まり、両リーグとも1試合平均の本塁打数が1992年以来最少を記録。薬物検査の徹底以外に投手の球速向上も要因に挙げられた。その副作用なのか、キャンプ中からトミー・ジョン手術を受ける投手が続出。圧巻の投球を見せていたホゼ・フェルナンデス(マーリンズ)が5月にTJ手術を受けると、球界全体の問題として議論されるようになった。この年からヤンキースに加わった田中将大も絶好調だった7月に右ヒジ痛を発症したが、こちらはトミー・ジョン手術ではなく保存療法を選択した。

 ペナントレースでは、機動力と強力ブルペンを武器にしたロイヤルズが29年ぶりのポストシーズン進出。ワイルドカードからワールドシリーズ進出を果たしたが、マディソン・バムガーナー擁するジャイアンツの前にあと1歩及ばず。ジャイアンツは10年からの5年間で3度目の世界一を手にした。この年のチャレンジ制度導入を置き土産に、代行時代も含めて20年以上コミッショナーを務めたバド・シーリグが退任した。

文●城ノ井道人

※『スラッガー』2020年3月号より転載

【PHOTO】日米で数々の金字塔を打ち立てたイチローの偉業を振り返る厳選ギャラリー?

 

関連記事(外部サイト)