「一緒にこの苦難を乗り越えましょう!」日本プロ野球選手会がコロナ基金への支援を表明。賛同する選手が続出!

「一緒にこの苦難を乗り越えましょう!」日本プロ野球選手会がコロナ基金への支援を表明。賛同する選手が続出!

日本プロ野球選手会の公式ツイッターで、会長の炭谷が寄付の表明と、ファンへのメッセージを配信した。写真:滝川敏之

日本プロ野球選手会は8日、新型コロナウイルス対策への支援として、クラウドファンディングサイト「READYFOR」を通じて「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」へ寄付すると発表した。

 この寄付は、予防、診断、治療のための研究、開発費用や介護施設、保育所への支援費用、医療用防護具や医療器具生産の事業費用などにあてられる。

 日本プロ野球選手会の公式ツイッターに投稿された動画に出演したのは、巨人の捕手であり、プロ野球選手会会長の炭谷銀仁朗。12球団の選手会会長と相談し、全選手に寄付の案内をしたことも明かした。
  「一日も早く日常を取り戻せるよう、そしてみなさんに最高のプレーを見せられるように全力で取り組んでいきます。一緒にこの苦難を乗り越えましょう!」と炭谷は、新型コロナウイルス対策への意気込みと、ファンへのメッセージで動画を締めくくった。

 ファンからは「微力ながら協力させていただきます」「募金します!一緒に頑張りましょう」などと協力の声が相次いだ。

 炭谷の呼びかけに対し、選手たちも応えた。ソフトバンクの中村晃、西武の森友哉、オリックスの若月健矢、広島の田中広輔など、各球団の選手会長が続々と寄付を表明。選手の間で賛同の動きが着実に広がっているようだ。

構成●THE DIGEST編集部

【巨人キャンプPHOTO】巨人が宮崎でキャンプイン。サンマリンスタジアムの観衆は2万3000人!

関連記事(外部サイト)