新型コロナ感染の片岡篤史氏は「少し楽になったみたい」。高木豊氏が病状をツイート、ファンから安堵の声も

新型コロナ感染の片岡篤史氏は「少し楽になったみたい」。高木豊氏が病状をツイート、ファンから安堵の声も

高木氏が新型コロナで病床にある片岡氏の現状を伝えた。写真:産経新聞社

野球解説者の高木豊氏が15日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルス感染が明らかになった、元阪神の打撃コーチで野球解説者の片岡篤史氏の容体を伝えた。

 高木氏は「皆さんに心配していただいている片岡。昨日より今日の方が、少し楽になったみたい。このまま回復に向かって欲しい。温かいコメント嬉しそうでした。」とツイートした。

 片岡氏は14日、自身のYouTubeチャンネルの動画で、新型コロナウイルスに感染し、8日から入院していることを明らかにしていた。また、同動画では「今コロナで世の中大変なことになっていますので、皆さんも今まで以上に十分、予防していただいて、感染されないようにしてください」と注意喚起もしている。
  ともにYouTubeチャンネルを持ち、お互いのチャンネルに出演しあう関係の両氏。高木氏は14日にも片岡氏について「豊さんも気をつけて、ばかやろ、気遣うより、早く帰って来い」とツイートし、エールを送っていた。

 ファンからは今回の高木氏のツイートに対し、「それは良かったです」「嬉しい報告ありがとうございます。ずっと気になっています」「高木さんの情報でかなり安心しました」などのコメントが寄せられている。

 片岡氏が感染を公表した動画で苦しそうな表情を見せていたため、現在の病状を心配しているファンも多かっただろう。高木氏の報告により、ひとまず安心できたのではないだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】艶やかに球場を彩るMLBの「美女チアリーダーズ」!
 

関連記事(外部サイト)