歴代最強の「お間抜け故障者」は?悪夢でうなされ傷だらけ、ゲームのやりすぎで炎症……メジャーリーガーの恥ずかしい怪我の数々

歴代最強の「お間抜け故障者」は?悪夢でうなされ傷だらけ、ゲームのやりすぎで炎症……メジャーリーガーの恥ずかしい怪我の数々

メジャーリーガーの“ぶっ飛び”故障列伝。スパークス、ヒル、ズマヤ、モラレス(右上から時計回りに)。(C)Getty Images

メジャーリーグといえば、プレーの豪快さはもちろん、日本では想像のつかないようなトラブルが起きえることも魅力の一つ。現地17日、ウェブメディアの『ブリーチャー・レポート』が「史上最も奇妙でおかしな故障」を特集している。メジャーリーガーの“ぶっ飛び”ぶりの一端を垣間見える面白エピソードをいくつか紹介しよう。

@ジョージ・ブレット(カンザスシティ・ロイヤルズ)1983年/左足つま先の骨折

 ブレットはロイヤルズひと筋で21年プレーして通算3154安打、史上唯一の3ディケイド(1976年、80年、90年)で首位打者を獲得した殿堂入りプレーヤーだ。しかし、そんな大打者も、とんでもない故障をやらかしている。

 1983年6月7日、ブレットは自宅で洗濯をしていると。別の部屋から「次の打者はビル・バックナーです」というテレビ中継が聞こえてきた。親友バックナーの打席は見逃せまいと急いで部屋に行こうとしたその時、ドアに左足をぶつけてつま先を骨折。3週間の離脱を余儀なくされた。もっとも、さすがは天才打者。その年は123試合に出場して打率.315、リーグ1位のOPS.985を記録するなど、怪我を忘れさせる活躍を見せた。
 A グレナレン・ヒル(トロント・ブルージェイズ)1990年/手足の擦り傷+アザ

 メジャー13年で186本塁打を放った外野手のヒルはメジャー2年目の1990年、就寝中に突然、悪夢にうなされた。その夢というのは、大嫌いな蜘蛛に追いかけられ続けるというもの。恐怖のあまりベッドを飛び出したヒルは、他の部屋に猛ダッシュ。ガラス製のテーブルを蹴っ飛ばして、手と足に傷やアザをつけながら……。そして翌日から3週間、戦線を離れることになった。

Bスティーブ・スパークス(ミルウォーキー・ブルワーズ)1994年/左肩脱臼

 自ら「馬鹿げた故障ランキングがあったら、間違いなくトップに来る」と“自画自賛”するのがスパークスだ。1994年のスプリング・トレーニングで球団がさまざまな芸を披露する一団を招いたのだが、彼らが見せた芸の一つに分厚い電話帳を真っ二つに引き裂くというものがあった。

 翌日、雨で練習が暇になったこともあり、スパークスを含む3人が挑戦。簡単に破けると思ったそうだが、全然破けない。すぐあきらめた2人と違い、挑戦を続けたスパークスは何と左肩を脱臼(!)。メジャー昇格は1年先延ばしになってしまった。ナックルボーラーだったスパークス、故障の仕方も“斜め上“だった。
 C ケンドリス・モラレス(ロサンゼルス・エンジェルス)2010年/左ヒザ骨折

 シチュエーションを加味したら、モラレスの怪我ほど“劇的”なものはないだろう。前年の09年に34本塁打&OPS.924を記録してMVP投票5位に入ったキューバ出身のスラッガーはこの年も好調。しかし、悲劇は突然、“舞い降りた”。

 5月29日のシアトル・マリナーズ戦、延長10回に1死満塁で打席に入ったモラレスは、センター後方に完璧なサヨナラ満塁本塁打を叩き込んだ。大喜びでチームメイトが待つ本塁へスキップしながらジャンプイン……したモラレスはそのまま起き上がってこない。サヨナラ勝ちの歓喜から一転、場内はただごとならぬ雰囲気が漂った。モラレスはこの時の怪我でヒザを骨折。復帰までに約2年もの歳月を費やした。
 Dジョエル・ズマヤ(デトロイト・タイガース)2006年/右腕違和感

 最速103マイル(約165キロ)の剛球と闘志みなぎる投球スタイルで人気を博したズマヤ。1年目の2006年からセットアップとして活躍していたが、なぜか同年のリーグ優勝決定シリーズ途中から登板せずにいた。その理由はしばらく語られることはなかったのだが、GMがオフになって真相を明かした。

 何と、ズマヤは大好きなテレビゲーム『ギターヒーロー』のやりすぎで右腕を痛めてしまったのだという。ドクターが投球による炎症よりも、ギターを演奏した時に発生する炎症に近いことを見つけて発覚したという。もちろん、ズマヤには球団からゲーム禁止のお達しが出た。

 ここで紹介した以外でも、2016年にはトレバー・バウアー(当時クリーブランド・インディアンス)がポストシーズンの登板直前にドローンをいじって指を負傷し、試合中に流血騒ぎになったこともあった。また、昨年にはヨエニス・セスペデス(ニューヨーク・メッツ)が所有する牧場でイノシシに襲われてシーズンを全休した。

 いずれにしても、日本では「プロ意識の欠如」とバッシングされそうな(事実そういう故障も多い)間抜けな怪我でも、ユーモアあふれるエピソードとして取り上げられるところが、メジャーリーグの懐の深さと言えるかもしれない。

構成●SLUGGER編集部

【PHOTO】艶やかに球場を彩るMLBの「美女チアリーダーズ」!
 

関連記事(外部サイト)