MLB.comが「2000年以降のMVPランキング」を発表。メジャー1年目で新人王とのW受賞を成し遂げた2001年のイチローの順位は果たして…?

MLB.comが「2000年以降のMVPランキング」を発表。メジャー1年目で新人王とのW受賞を成し遂げた2001年のイチローの順位は果たして…?

日本人打者への懐疑論も少なくなかった中、イチローはメジャー1年目から大活躍を見せた(C)Getty Images

MLB.comが18日、21世紀に入ってMVPに選ばれた選手のランキングを発表。メジャー1年目で最高の栄誉を受賞した2001年のイチローが22位にランクインした。

 このランキングは、通算ではなく年ごとの成績を格付けしたもの。選者のマイク・ペトリエロ記者はイチローについては次のように書いている。

「この年のイチローは、史上2人目の新人王とMVPを同時受賞した。しかも彼は、メジャーリーグ1年目であっただけでなくアメリカでのプレーも1年目だった」

「同時に、忘れてはいけないのは、メジャーリーグにおいて成功した日本人は、野茂英雄など多くが投手だった。その中で、イチローは日本人のバッターも毎日試合に出場し、成功できることを証明した。彼は、松井秀喜や青木宣親ら、のちの日本人打者の活躍の扉を開いた」
  加えてペトリエロ記者は、1990年代の主力の多くが抜けた中で、01年のマリナーズがMLB歴代最多タイの116勝を挙げられたのはイチローの功績が大きいと評価し、最後は「私が思うに、彼は真のヒットキングだ」と最高の賛辞を贈った。

 ランキングの1位から4位はバリー・ボンズが独占。現役最高は16年のマイク・トラウト(ロサンゼルス・エンジェルス)で5位にランクインした。

 今年海を渡った秋山翔吾(シンシナティ・レッズ)や筒香嘉智(タンパベイ・レイズ)は、01年のイチローのような活躍を見せられるか。また、二刀流の大谷翔平(エンジェルス)の活躍は? メジャーリーグのシーズン開幕時期は未定だが、心はワクワクさせておこう。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】ダルビッシュ、大谷、マエケン!メジャーリーグで活躍する日本人選手を一挙紹介!

関連記事(外部サイト)