西武・増田達至が32歳の誕生日!昨年は延長戦で小野コーチの“無茶ぶり”に苦労も…

西武・増田達至が32歳の誕生日!昨年は延長戦で小野コーチの“無茶ぶり”に苦労も…

32歳の誕生日を迎えた西武守護神の増田。昨年の誕生日は激闘でそれどころではなかったそうだ。写真提供:西武ライオンズ

4月23日、32歳の誕生日を迎えた西武ライオンズの守護神・増田達至。いつも通り午前9時頃、メットライフドームに姿を現した増田は、武隈祥太とともにキャッチボール、遠投を行い、平井克典も交えて内野でノックを受けた。自主練習期間のテーマは「キャンプ同様、体づくり」とのこと。今は身体の状態も良く、調子が上がってきている、と手応えを口にした。

 自宅に帰ればパパの顔になる。32回目の誕生日は愛する子供たちとともに祝う予定。ちなみに、昨年の4月23日はZOZOマリンスタジアムでの千葉ロッテ戦が行われていた。延長12回を戦い9対9で引き分け。5時間21分の激戦の中で増田は延長10、11回に登板して打者6人で完璧に抑え、相手に流れを渡さなかった。宿舎に戻るバスに乗り込んだ時には日付が変わり、気づけば金子侑司の誕生日(4月24日)になっていた。
 「同点の場面で10回裏のマウンドに上がったら、レフトスタンドから応援団がハッピーバースデーを演奏してくれたんです。『これ、打たれてサヨナラ負けはシャレにならんぞっ』て思いました(笑)。10回裏を抑えてベンチに戻って、すごく安心してホッとしたんです。そうしたら小野投手コーチ(当時)が『もう1イニング行くぞ』って(笑)。無事に2イニング抑えられましたが、本当に緊張した試合でした」と、昨年の誕生日を振り返った。

 昨年のこの時期は、セットアップからクローザーに復帰したタイミングでもあった。年間通しても自己最多の30セーブを挙げ、最優秀バッテリー賞を受賞するなどリーグ連覇に貢献した。チームをV3に導くためにも、今はじっと調整を続けていく。

「早く開幕を迎えたいですし、まずは早く全体練習を始めたいですね。その日までこのひげは伸ばしておきます。全体練習再開の日には剃ってきます!」と笑った。「ファンの皆さんも、コロナに負けずともにがんばりましょう」とメッセージを残し、球場をあとにして家族の待つ家路についた。

構成●SLUGGER編集部

【西武キャンプPHOTO】松坂が背番号16のユニフォーム姿を初披露&今キャンプ初のブルペン入り!
 

関連記事(外部サイト)

×