新型コロナの犠牲になった最速“185キロ“のノーコン剛球左腕ダルコウスキーの破天荒伝説

新型コロナの犠牲になった最速“185キロ“のノーコン剛球左腕ダルコウスキーの破天荒伝説

メジャーのマウンドには立てなかったがダルコウスキーだが、彼が残した数々の伝説は永遠に語り継がれていくだろう。(C)Getty Images

テッド・ウィリアムズは、球史に残る名選手だ。名前だけではピンと来ない人も“最後の4割打者”と言えば分かるだろう。1941年に彼が打率.406を記録した後、シーズン打率4割に達した打者はいない。

 けれども、ウィリアムズに“史上最速の投手”と称された左腕、スティーブ・ダルコウスキーは無名の存在だ。それも無理はない。57年から65年までボルティモア・オリオールズなどのマイナーで投げたダルコウスキーは、メジャーのマウンドに上がることなくユニフォームを脱いだからだ。

 ダルコウスキーの球はとにかく速かった。オリオールズのマイナーで監督を務めていたアール・ウィーバーは「あいつの球は(ノーラン・)ライアンよりかなり速かった。信じ難いが、実際にそうだった」と言い、バッテリーを組んでいたカル・リプケンSr.は、その最速を115マイル(約185.0km)と見積もっていた。
  ただ、ダルコウスキーはコントロールに難があった。こちらも、とんでもないレベルだ。プロ1年目の57年は、62.0イニングで121三振を奪った一方で、129人を歩かせた。奪三振率18.2と与四球率18.7。その後も、制球は一向に定まらなかった。

 こんな話もある。58年に軍の施設で球速を測定した時のことだ。当時はまだスピードガンはなかった。ダルコウスキーの最速は93.5マイル(約150.4km)に過ぎなかったが、これは測定できる範囲に球を通すまでに40分も投げ続け、疲れきってしまったのが原因らしい。また、この時はマウンドではなく平坦な地面から投げていた。

 56年のスプリング・トレーニングで対戦したウィリアムズは、初球がアゴの下をかすめた直後に打席を去り、記者たちに「投球が見えなかった。二度と対戦したくない」と語った。速さもさることながら、そのコントロールに恐怖心を抱いたことが窺える。
  他にも、速球の速さと荒れっぷりにまつわるエピソードは枚挙に暇がない。「2イニングで120球を費やして降板させられた」「1安打完投ながら8対9で敗れた」、「球審のマスクを直撃して病院送りにした」「捕手はミットに生肉を敷いて捕球の衝撃を和らげていた」「木製のフェンスにストライクゾーンを描いて投げさせたところ、いくつもの穴が開いたがゾーン内はきれいなものだった」……などなど。

 肩を痛めて引退後も、ダルコウスキーの“軌道”は定まらなかった。選手時代にも増して酒に溺れ、何度も警察のやっかいになり、ホームレスに近い暮らしをしていた時期もあったという。先日、ダルコウスキーは新型コロナウイルスに冒され、80歳で生涯を閉じた。
  なお、映画『さよならゲーム』でティム・ロビンスが演じたヌーク・ラルーシュは、ダルコウスキーにヒントを得て、脚本・監督のロン・シェルトンが生み出した。ダルコウスキーと同じく、シェルトンもメジャーデビューできなかった元マイナーリーガーだ。67〜71年にオリオールズのマイナーで二塁を守っていた時、この“先輩”について知ったという。

文●宇根夏樹

【著者プロフィール】
うね・なつき/1968年生まれ。三重県出身。『スラッガー』元編集長。現在はフリーライターとして『スラッガー』やYahoo! 個人ニュースなどに寄稿。著書に『MLB人類学――名言・迷言・妄言集』(彩流社)。

【PHOTO】艶やかに球場を彩るMLBの「美女チアリーダーズ」!
 

関連記事(外部サイト)