マイナーリーガーの投稿動画が“バスケの神様”超えの大ヒット!「離婚間違いなし(笑)」「奥さんの表情が見てみたい」と話題になった理由は?

マイナーリーガーの投稿動画が“バスケの神様”超えの大ヒット!「離婚間違いなし(笑)」「奥さんの表情が見てみたい」と話題になった理由は?

A'sのマイナーリーガーが投稿した動画がまさかの大人気に。(C)Getty Images

新型コロナウイルスが世界中に大打撃を与えている昨今。世界最多の感染者数を出しているアメリカの野球界も莫大な経済的損失を被り、全米各所に存在した計160のマイナーリーグチームが120まで減る見込みとなっている。

 そんなマイナーリーグの選手が現地26日、SNS上にアップした一本の動画が、“バスケの神様”マイケル・ジョーダンを超えるほどバズりまくり、わずか7時間で再生回数は120万回以上、3万4000以上のいいね数がついているのだ。

 ESPNの人気スポーツ番組『スポーツセンター』が「奥さんからホームランをぶっ放して、バット投げを披露(泣き笑いの絵文字)」と題してRTした動画では、自宅と思われるガレージの中から、女性が見事なウインドミル投法で快速球を投げ込む。すると、ヘルメットを装着して左打席に立つ男性が一閃。打球は彼方へと消えていき、ドヤ顔で上空高くバットを放り投げて、画面からフェードしていった。
  完璧なバット投げだけでなく、女性の打たれた後の哀愁漂う姿も相まって動画は大人気。「離婚間違いなし(笑)」「(バット投げで大人気の)ホゼ・バティスタみたい(笑)」「奥さんの表情が見てみたいわ」「完璧な一撃」と、視聴者からも大爆笑が巻き起こった。そしてこの動画は、この日に『スポーツセンター』が投稿したジョーダンの名シーンよりも多くのRT数といいね数を獲得するなど、まさかの“神様超え”を果たしている。

 動画をアップしたのは、オークランド・アスレティックス1Aに在籍するノア・ボーン外野手と、その妻のライリー・サーテイン。ボーンは2018年ドラフト12巡目でプロ入りした22歳、サーテインも昨年までテキサスA&M大のソフトボール部に所属しており、三塁手として全米代表に選ばれた経験を持つ実力者だ。

 もっとも、本職のポジションでなかっただけにそこまで悔しくないかと思いきや、その後に奥様が動画を投稿。今度はオーバースローで見事な縦割りのカーブを投げ込んで夫を空振りに打ち取り、「やり返してやったわ!」と自慢気だった。

構成●THE DIGEST編集部
 

関連記事(外部サイト)