野球賭博で永久追放、イチローへの暴言連発、そしてコルクバット疑惑――どれほど汚辱にまみれようとも、ピート・ローズは偉大だった

野球賭博で永久追放、イチローへの暴言連発、そしてコルクバット疑惑――どれほど汚辱にまみれようとも、ピート・ローズは偉大だった

「俺の身体は常に興奮に充ち満ちていたんだ」と本人が語る通り、常に120%の全力プレーがローズのスタイルだった。(C)Getty Images

カナダの『モントリオール・ガゼッタ』紙により、現役時代のコルクバット使用疑惑が報じられたピート・ローズに対して、日本でも糾弾する声が上がっている。確かにここ数年は言動なで晩節を汚すような場面が散見されるものの、それでも現役時代のローズは素晴らしい選手で、多くのファンから愛された人気者だったのだ。

 ローズが日本人のファンからこれほど敵視されているのは、2016年にイチローが日米通算4257安打の世界記録を達成した時に、あれこれ暴言を連発したことが始まりだ。ローズが何者かを知りもしない連中までが「イチローの偉業にケチをつける頑固ジジイ」呼ばわりし、当時は「記録を認めないのは、収入源のサイン会にヒット・キングの称号が必要だから」という怪しげな説も流布していた。

 ローズがサイン会などで収入を得ているのは事実だから、そうした側面がまったくないわけではない。だが、それとイチローの記録とはほとんど関係ない。

 ヒット・キングの称号を譲らないのは、それが揺るぎない公式記録であるというだけでなく、ローズという人間が異常なほどの負けず嫌いにして、比類なきファイティング・スピリットの持ち主であるからだ。その闘争心こそが、彼を空前の大記録へと導き、やがては転落を招く原因にもなったのである。
  永久追放処分となった今でも、ローズはレッズのホームタウン・シンシナティでは大の人気者だ。それは彼が地元出身だからでもある。叔父のバディ・ブローバウムがスカウトをしていた関係で1960年にレッズへ入団すると、63年には正二塁手となり、打率.273で新人王を受賞した。特徴的なクラウチング・スタイルから左右にラインドライブを打ち分け、65年はリーグ最多の209安打。以後200安打10回、最多安打7回を記録。68年は打率.335、翌69年は自己最高の.348で2年連続首位打者となった。

 このような打者としての才能や、チーム事情に応じてさまざまなポジションをこなす器用さ以上に、ローズはエネルギッシュなプレースタイルで人気を博した。

「すべてのスポーツ選手の中で、ローズ以上に自分の能力を超える結果を出した者はいないだろう。そしてまた、彼ほど勝利に対して貪欲だった者もいない」(野球史研究家のアンディ・スターギル)。ローズ自身、「才能だけじゃメジャーに上がれなかった。ハッスルプレーこそが俺をメジャーリーガーにして、そこにとどまらせた。それ以外のプレースタイルを俺は知らなかった」と認めている。

 オープン戦でも四球で一塁に全力疾走した新人時代のローズに対し、ヤンキースの名左腕ホワイティ・フォードはからかい半分に"チャーリー・ハッスル"と命名。そのニックネームはローズの誇りとなった。レッズ時代にチームメイトだった殿堂入り二塁手のジョー・モーガンは、「162試合すべて全力プレーだった。どんな試合も彼にとってはワールドシリーズの第7戦だったんだ」と言っている。

 グラウンド上では常にクールに振る舞い、滅多に感情を爆発させないイチローとは、ローズはまったく正反対だった。
  しかし、そうした闘争心が常に良い結果をもたらしたわけではない。70年にシンシナティで行われたオールスターでは、インディアンスの捕手レイ・フォッシーに激しいタックルを食らわせ「エキシビジョン・ゲームなのにやりすぎだ」と非難された。73年のメッツとのリーグ優勝決定シリーズでは、バド・ハレルソンと球史に残る大乱闘を繰り広げた。

 強烈な個性ゆえ、誰からも好かれたわけではなかった。「記録のためにプレーしている」「あのハッスルプレーも計算ずく」と陰口を叩かれたり、金に汚いとも言われた。だが豪放磊落なイメージに反し、体調管理には人一倍気を配り、酒やタバコとも無縁の生活を送っていた。そうでなければ、あれほど激しいプレースタイルにもかかわらず故障とはほぼ無縁で、40歳を超えてレギュラーを張ることもできなかっただろう。ローズほど野球に真摯に取り組んだ選手はほとんどいなかったし、心の底から野球を楽しんでいた。
 
 73年は打率.338で3度目の首位打者となり、MVPも受賞。75年は「球がビーチボールのように見えた」ほどバットが振れていて、自身初の世界一となり、ワールドシリーズMVPに輝いた。翌76年も"ビッグ・レッド・マシーン"は2年連続世界一。78年は5月に史上13人目の3000安打を達成すると、6月14日からは44連続試合安打のナ・リーグタイ記録を樹立した。

 同年オフにFAとなると、「レッズに16年もいたから愛着はあるが、稼げるチャンスを生かしたい」とフィリーズへ移籍。レッズがそれほど熱心に引き留めなかったのは、金額だけでなくローズの私生活、特にギャンブルに耽溺していることを危惧したからだと言われている。4年320万ドルでフィリーズ入団が発表されると、その後1ヵ月で300万ドル分のチケットが売れたほど、彼の人気は絶大だった。
  フィリーズでも80年の世界一、83年のリーグ優勝に貢献。84年はエクスポズで4000本安打を達成した後、8月16日に監督兼選手として6年ぶりにレッズに復帰した。翌年9月11日にタイ・カッブの記録を破る4192本目のヒットを放つと、息子のピートJr.を抱き寄せて珍しくグラウンド上で涙を流した。最終的に通算安打数は4256まで伸ばし、86年を最後に45歳でバットを置いた。

「通算安打新記録を達成すると、俺には目標がなくなった。自分を熱くさせてくれるものが必要だった」

 それがギャンブルであったのがローズの不幸だった。89年のキャンプ中、『スポーツ・イラストレイテッド』誌がローズの野球賭博疑惑を報道。「賭博なんてしていない、何なら賭けてもいいぞ」と当初は笑い飛ばしていたが、コミッショナー事務局の調査によって、レッズを含むメジャーリーグの公式戦の勝敗を賭けの対象にしていたことが明白となり、8月には永久追放処分を受け入れざるを得なくなった。その時点では罪を認めていなかったが、のちに「毎試合レッズの試合に賭けていた」と告白している。90年には脱税で5ヵ月間刑務所入りするなど、かつてのヒーローは落ちるところまで落ちた。

 それでも99年にはオール・センチュリー・チームに選出され、資格を剥奪されている殿堂入り投票でもローズの名前を記入する記者が絶えない。背番号「14」はレッズの永久欠番となり、2016年にはチームの殿堂にも迎えられた。その翌年にはレッズの本拠地グレートアメリカン・ボールパークに、ローズの銅像が建立。現役時代の代名詞だったヘッドスライディングしている姿をかたどったものだ。
  マーリンズのドン・マッティングリー監督は「子供の頃はローズのような選手になりたかった。メジャーリーガーになった時も、一塁に出塁した時はいつも気さくに話しかけてくれた」、殿堂入り二塁手のライン・サンドバーグも「彼の試合に臨む姿勢、常にハッスルプレーを怠らなかったこと、野球への愛情は忘れ去られてはならない」。ローズの永久追放後に生まれたブライス・ハーパー(フィリーズ)でさえ「彼のプレースタイルには尊敬の念を覚える」と語っている。

 球界以外にも彼のファンは大勢いる。野球好きのロック歌手ヒューイ・ルイスは「あなたの音楽はローズのヘッドスライディングのようだ」と言われて、「最高の褒め言葉だ」と感激した。イチローが愛聴するラッパーのスヌープ・ドッグも「ローズに憧れて俺は大きくなったんだ」と言っている。どんなに汚辱にまみれようとも、多くの野球ファンにとってローズは今も特別な存在なのだ。

 現在の状況からすると想像しにくいが、かつてのローズは日本で最も人気のあるメジャーリーガーだった。78 年秋に親善野球で来日したレッズのメンバーには、史上最高の捕手ジョニー・ベンチや前年MVPのジョージ・フォスターもいたが、一番注目を浴びたのはヘルメットを飛ばしながらグラウンドを疾走するローズだった。当時ライオンズを買収したばかりの西武は、新チームの目玉としてローズ獲得を画策していたとの話もある。万に一つでもそれが実現していたら、ローズは自ら日本でのヒット数を加算していたかもしれない。
  実は彼は大の親日家でもあった。ミズノの契約選手として日本でも広告キャラクターに起用され、アメリカでは同社の製品を宣伝して回った。カッブの記録を破った際もミズノの特製バット「PR4192」を使っていた。30年後に多くの日本人から敵意を向けられるようになるとは、その頃のローズは想像していなかっただろう。

『ニューヨーク・ポスト』紙のジョエル・シャーマンは次のように書いている。「イチローの記録達成はローズの価値を下げるものではない。むしろ彼の偉大さを改めて思い起こさせてくれた。4256安打なんて信じられない数字だ。2人のプレースタイルはまるで違う。ローズは労働者のように激しく、イチローはバリシニコフ(注:ソ連出身のバレエダンサー)のように優雅にプレーする。だが、2人の根本、魂の部分は野球で満たされている。理想を求めて、何千時間もの孤独な練習に打ち込む意思で満たされているのだ」

 人間的には多くの欠陥があったのは事実だし、彼のことを無理に好きになる必要もない。だがローズにイチローへのリスペクトを要求するのであれば、ローズに対するリスペクトも欠かすべきではない。

文●出野哲也

※『スラッガー』2016年9月号より加筆修正のうえ、転載
 

関連記事(外部サイト)