3度目の盗塁王を目指す西武の金子侑司、3勝3敗の“甲斐キャノン”突破に意欲

3度目の盗塁王を目指す西武の金子侑司、3勝3敗の“甲斐キャノン”突破に意欲

韋駄天・金子はさらなる走力アップを目指し、打倒・甲斐を目標に自主練習に精を出す。写真提供:埼玉西武ライオンズ

西武のスピードスター、金子侑司にとって特別痺れる機会がある。

 ソフトバンクの甲斐拓也から盗塁を試みる時だ。

「やっぱり意識はしますね」という甲斐捕手との昨年の対戦成績は、6度の機会で3勝3敗。「とにかく(送球)の正確性が高いです。投手のクイックが多少ゆるいなと感じても、それをカバーする力があるので」と難敵のイメージを振り返った。

 金子の現在の自主練習のテーマは「ウェイト」だ。水口大地トレーナーとともにウェイトルームで和気あいあいとメニューをこなしていく。「水口トレーナー(選手)と楽しく(笑)、でもひたむきにやっています」と笑う金子だが、この期間に再びウェイトに時間を割くのは「打つ時のインパクトの強さ」「(走り出す時の)一歩目のスタートの力強さ」を強化するためだ。今日7日は、ライオンズトレーニングセンターでマシン打撃を行った後、約1時間強をウェイトに充て汗を流した。
 「一歩目の力強さ」をさらに強化した先には、3度目の盗塁王が見えてくる。「今は実戦がなかなかできないので。盗塁成功の感覚を持つのは難しいですが、全体練習が始まるまでにしっかり動けるようにしておくことですね」と前を向く。「自宅で入浴、半身浴をしたりマッサージをしたり…」と黄金の足のもしっかりケアしているという。

 そんな金子が特に印象に残っている盗塁がある。昨年のソフトバンクとのCSファイナルステージ第1戦、1点リードで迎えた4回の裏、2死から二盗を決めた場面だ。「スタートを切った瞬間に、ものすごいライオンズファンの歓声が聞こえてきて、走っている間も、セーフになった瞬間もものすごく盛り上がっていただいた」と振り返る。

 パ・リーグには強肩の捕手が各球団にいるが、「“対ピッチャー”で行けると思ったら行きます」と言い切った。「盗塁を1つ成功させるのはとても難しいことだし、本当に勇気がいる。でも、リスクが多いプレーなので成功した時のうれしさというのはひとしおです」。

 今は金子にとって3度目の盗塁王、そしてリーグ優勝に向けての準備期間。「あの大歓声の中で盗塁を決めたいですね」とはにかむ金子は、今季も並み居る強肩を潜り抜ける最高のパフォーマンスを見せ、多くの勝利を手繰り寄せてくれるはずだ。

構成●SLUGGER編集部

【PHOTO】西武野手がズラリ!2019NPBアワーズ
 

関連記事(外部サイト)