【名門校別歴代ベストチーム作ってみた:早稲田大】立ちはだかる「レジェンド多すぎ問題」。球史に残る頭脳派揃いの投手陣にも注目!

【名門校別歴代ベストチーム作ってみた:早稲田大】立ちはだかる「レジェンド多すぎ問題」。球史に残る頭脳派揃いの投手陣にも注目!

球威よりもコントロールとテクニックで打者を牛耳る和田は、早稲田伝統の技巧派投手の代表格。六大学史上最多の通算476奪三振の記録も持つ。写真:朝日新聞社

"歴代ベストチーム"はロマンだ。そんなロマンを楽しんでいただくべく、スラッガー編集部では「出身校別歴代ベストチーム」を選定。高校、大学、社会人野球の名門を対象に、夢のベストナインを独自に選出し、打線も組んでみた。今回は六大学最多タイの優勝45回を誇る超名門・早稲田大学だ(野手8人+投手5人を選定)。

●早稲田大出身選手のベストナイン
1 (右)青木宣親(ヤクルト)
2 (二)仁志敏久(元巨人)
3 (遊)鳥谷敬(ロッテ)
4 (一)石井浩郎(元近鉄ほか)
5 (三)岡田彰布(元阪神ほか)
6 (左)金森栄治(元西武ほか)
7 (中)松本匡史(元巨人)
8 (捕)山倉和博(元巨人)
9 (投)和田毅(ソフトバンク)

(先発)小宮山悟(元ロッテほか)
(先発)有原航平(日本ハム)
(先発)藤井秀悟(元ヤクルトほか)
(救援)越智大祐(元巨人)
  オールドファンなら、本来入るべき名選手が何人も抜けていることにお気づきだろう。今回はオールタイムで見ると人材が豊富すぎたため、あえて「昭和50年(1975年)以降にプロ入りした選手」で絞り込んだ。

 リードオフマンは盗塁王を獲得した2度の?青い稲妻”こと松本と迷ったものの、プロ野球歴代最高打率を誇る青木に託した。2番は20本塁打20盗塁を達成するなど、俊足と長打力を兼ね備えた仁志を起用。3番は卓越した選球眼と巧みなバットコントロールで通算2000本安打を達成した鳥谷で決まりだ。

 セカンドには中村奨吾、ショートには茂木栄五郎といずれも総合力の高い現役選手が控え、二遊間の盤石さはこのチームの強み。オールタイムではさらに、華麗な遊撃守備で一世を風靡した広岡達朗や、高出塁率が売りの虎のリードオフマン・中村勝広など個性豊かな人材が揃う。
  4番も迷うところだが、ここはルーキーイヤーから5年連続で20本塁打をクリアし、近鉄いてまえ打線の中軸を担った石井を選んだ。岡田の通算本塁打は247本で、162本の石井を上回るが、彼にはやはり5番の役割が似合う。昭和50年以前にプロ入りした選手の中では、名球会入りを果たした中日のヒットメーカー谷沢健一や、59年本塁打王の森徹らが中軸候補だ。

 6番の金森は?死球王”として有名だが、85年には3割&2ケタ本塁打と好成績を残した。現役終盤は代打で好成績を残すなど、勝負強さにも定評がある。7番と8番は一見逆のように思えるが、?意外性の男”と呼ばれた山倉には指定席の8番が似合う。
  投手陣は2人のメジャーリーガーが軸となる。エースは最多勝2回を含む2ケタ勝利8度の和田を据えたが、2番手の小宮山は97年に最優秀防御率、有原は昨季最多勝を獲得し、藤井も01年に最多勝に輝くなどタイトルホルダーが4人。いずれもコントロールと投球術を武器にする頭脳派揃いだが、このタイプは早稲田大の伝統らしく、75年以前にもアンダースロー右腕の高橋直樹や、スローボールで打者を幻惑した安田猛らがいる。

 リリーフには、先発陣とは対照的にパワーピッチャーとして活躍した越智を選んだ。黄色靭帯骨化症のため短命に終わったが、最速155キロの速球とフォークを武器にセットアッパーとして活躍した。メンバーには入っていないが、スライダーが武器の楽天のサイドスロー左腕・高梨雄平も、ワンポイントとしての起用が考えられる。

 プロ野球誕生以前から人気を博していた名門大学だけあって、球史に与えた影響も大きい。上に選んだメンバーだけで青木、仁志、岡田、和田、有原と5人も新人王が名を連ね、それ以外にも蔭山和夫、広岡、谷沢と計8人も輩出している。しかも、いずれも一発屋ではなく長きにわたって活躍を続けた。

 メジャーリーガーを3人も輩出しているのもすごいが、さらに驚きなのは監督が9人も出ていることだ。その中には監督通算史上最多の3248試合で指揮を執った三原脩をはじめ、名将が幾人も含まれている。充実した戦力と、卓越した戦術や指導力も兼ね備えている点は、出身校別ベストチームでも最強候補と言えるのではないだろうか。

文●筒居一孝(スラッガー編集部)
 

関連記事(外部サイト)