プロ野球開幕は6月19日に決定!予定されていたカードと開幕投手は?

プロ野球開幕は6月19日に決定!予定されていたカードと開幕投手は?

ついにプロ野球の開幕が決定! 当面は無観客での開催となる。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

新型コロナウイルスの感染拡大で開幕を延期しているプロ野球は25日、臨時12球団代表者会議を開き、両リーグの公式戦の開幕日を6月19日に決めた。

 当初予定されていた3月20日から約3ヵ月遅れでの開幕となったが、政府が残っていた首都圏+北海道の緊急事態宣言を解除する方針になったことを受け、開幕する条件が整ったと判断した形だ。

 感染予防対策のガイドラインについては現在作成中であるものの、当面は無観客での開催で行われることになる。また、野球規約に則り、レギュラーシーズン120試合の開催を目標としており、セ・リーグは6球団中4球団の本拠地が屋外のため雨天中止の可能性が高いことから、クライマックス・シリーズ(CS)の開催を中止とする方針。一方のパ・リーグは変則方式によるCS開催を検討しているという。日本シリーズについては、11月21日からスタートする運びとなっている。
  各チームはそれぞれ紅白戦を行っており、6月1日から対外チームとの練習試合が再開される予定だ。当初のスケジュールで19日に予定されていたカードは下記のとおり。※()内は各球団が発表していた開幕内定投手

〈パ・リーグ〉
・西武(ニール)−日本ハム(有原航平):メットライフドーム
・ソフトバンク(東浜巨)−ロッテ(美馬学):PayPayドーム
・オリックス(山岡泰輔)−楽天(則本昂大):京セラドーム

〈セ・リーグ〉
・巨人(菅野智之)−阪神(西勇輝):東京ドーム
・DeNA(今永昇太)−広島(大瀬良大地):横浜スタジアム
・ヤクルト(石川雅則)−中日(大野雄大):神宮球場

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTOギャラリー】球界を牽引する名手たちの「高校」「大学」当時を秘蔵写真で振り返る
 

関連記事(外部サイト)