【岩本勉のパ・リーグ順位予想】若手ピッチャーの台頭で西武の順位が急上昇! それでもソフトバンクの牙城は崩せない…?

【岩本勉のパ・リーグ順位予想】若手ピッチャーの台頭で西武の順位が急上昇! それでもソフトバンクの牙城は崩せない…?

岩本氏は前回、西武を4位と予想していたが、今回は2位。練習試合で今井をはじめとする若手投手の台頭が著しかったことが理由だ。写真:滝川敏之

新型コロナウイルスの感染拡大によって、3月20日の開幕が延期になってから3か月。プロ野球の新シーズンが、ついに6月19日に幕を開ける。およそ5か月間で120試合を戦う未曾有の過密日程には、どんなドラマが待っているのか。日本ハムOBの岩本勉氏に、2020年シーズンの順位を改めて予想してもらった。

【岩本氏のパ・リーグ順位予想】
1位 ソフトバンク
2位 西武
3位 日本ハム
4位 楽天
5位 ロッテ
6位 オリックス

 ソフトバンクは圧倒的な選手層の厚さがあるので、前回と同じく優勝という予想は変わりません。特にオリンピックが延期になったので、モイネロが帰ってきた。だからスタートダッシュはかけやすいでしょうね。デスパイネとグラジアルはいまだにいつ帰国するかが見えないし、千賀も出遅れていますが、あの選手層ならそれほど影響はないと思います。もちろん彼らがいれば鬼に金棒ですが……。柳田悠岐も復活したし、バレンティンも加入しましたしね。
  前回は西武を4位と予想しましたが、今回は西武が2位になると予想しています。なぜなら、この苦しい間に、思いのほか若手ピッチャーたちの台頭が見られた。特に今井達也や高橋光成ら先発投手が目立っていました。今シーズンは、同じ相手と6連戦するカードが基本で、そうなると長いイニングを投げられるピッチャーが1人でも多いほうが有利です。去年と同じようにニールも好調で、若手投手のコマが揃ってきた。そして、あの打力。やはり今年の西武は侮れないと思います。

 もちろん、同じ相手と6連戦するとなれば、バリエーションを変えるために中継ぎ陣がフル回転しなくてはなりません。でも西武には平良海馬や平井克典ら去年も働いてくれたピッチャーがいますから、そこも強みですね。平井は昨年81試合も投げたけれども、開幕延期が幸いしてオフシーズンが長かった。休養が十分とれたので、昨年の酷使の影響はそれほどないでしょうね。
  西武が2位に上がったことに伴って、日本ハムと楽天はそれぞれ1つ順位を下げました。前回はマルティネスや上沢直之の復帰を日本ハム躍進の理由に上げましたが、開幕延期でまた状況が変わりました。今シーズンの日本ハムの強みは、「ショートスターターを昨年経験した」という点にあると思います。やはり同一カード6連戦で目先を変えるとすれば、ブルペンデーを作る頻度が多くなる。そういう時に、昨年すでにショートスターターを経験した日本ハムは、ブルペンがあたふたせずにゲームを作れるので、取りこぼしは少ないと思います。マルティネスは投げている内容があまり良くないので、今季はあまり計算に入れていません。また、上沢も本格的な復活は来年以降。今季はそれほど負担をかけず、復帰にとどめてほしいですね。
  楽天は三木肇新監督の戦い方が見えないので4位と予想をしましたが、それは裏を返せば不気味だということです。前回も言った通り、オフの補強や改革でチームの体質が変わって「新しいイーグルス」が生まれたことは間違いない。波に乗ったら、十分Aクラス浮上が考えられます。

 5位のロッテは、前回の予想の後に鳥谷敬の入団などがありました。彼の加入によって良いケミストリーが起こり、中堅や若手が伸びてくればいい戦い方ができると思います。中村奨吾や菅野剛士らがやる気を出して、真のリーダーになれば強いですよね。ただ、投手陣がまだ未知数です。今年2年目の吉井理人投手コーチがどのようなカードを切ってくるのかに注目ですね。特に新加入の美馬学は、マリンの風を味方につけたら成績が上向くのではないでしょうか。

 オリックスは選手個々のポテンシャルはかなり高いので、彼らがそれを発揮してくれれば優勝争いだってできると思います。ですが、まだこのチームも戦い方が今ひとつ見えてこない。なので波に乗れずにズルズル負けてしまうか、それとも勢いに乗って勝ち続けるかのどちらか。言ってみれば0か100か、というチームだという印象ですね。

解説●岩本勉

【プロフィール】
1971年生まれ。阪南大高を経て90年ドラフト2位で日本ハムに入団。98年から2年連続2ケタ勝利を挙げ人気・実力ともにチームのエースとして活躍。通称「ガンちゃん」としてファンから愛された。 05年を最後に現役を引退し、現在は野球解説者・スポーツコメンテーターとしてTV、ラジオを中心に幅広く活動中。

関連記事(外部サイト)