【山﨑武司のセ・リーグ順位予想】優勝は優良助っ人目白押しのDeNA!中日は若手の爆発力がカギ

【山﨑武司のセ・リーグ順位予想】優勝は優良助っ人目白押しのDeNA!中日は若手の爆発力がカギ

外国人枠が5人に拡大されることは、ロペス(左)やソト(右)ら優秀な外国人選手の多いDeNAにとっては追い風だと山﨑氏は話す。写真:金子拓弥(THE DIGEST編集部)

新型コロナウイルスの感染拡大によって、3月20日の開幕が延期になってから3か月。プロ野球の新シーズンが、ついに6月19日に幕を開ける。およそ5か月間で120試合を戦う未曾有の過密日程には、どんなドラマが待っているのか。中日、オリックス、楽天で大砲として活躍した山﨑武司氏に、2020年シーズンの順位を改めて予想してもらった。

【山﨑氏のセ・リーグ順位予想】
1位 DeNA
2位 広島
3位 中日
4位 阪神
5位 巨人
6位 ヤクルト

 順位は前回と変更なしです。ただ、ベンチ入り人数や外国人枠も拡大になるし、それらを鑑みてちょっと予想は変わってるかな。

 優勝はやはりDeNA。開幕延期の間はそれほど目立った話題がなかったけど、投打のバランスがいい。若手でも活きが良いのがいるし、今年は宮崎敏郎も絶好調。ロペス、ソト、オースティンと外国人も良い。外国人枠の拡大で一番メリットを受けるのはこのチームじゃないかな。
  広島は練習試合で13連敗したけど、いかにもピッチャーで苦労している印象だね。とにかくピッチャーがいない。でも、鈴木誠也が日本を代表するバッターになったし、脇を固める打者がもう1人か2人いれば、打線が機能すると思うんだけど。ただ、なんだかんだ打ってたバティスタがドーピング規定違反でいなくなっちゃったからね……。やっぱり外国人次第ってところがあると思います。

 中日は才能ある若手が揃っているのが強み。梅津晃大のようにエースになれる素質を持った選手もいるし、柳裕也も2年連続2ケタ勝利を狙える。15年ドラフト1位の小笠原慎之介も良い素質を持っている。だから将来的には楽しみなんだけど、まだ計算できる投手がいない。大野雄大も最優秀防御率のタイトルを取ったけど昨年は9勝8敗で、絶対的エースとまでは言えない。若手の中から1人か2人、核となる選手が出てくると楽になるんだけどね。
  4位にはしたけど、巨人の調子は上がってきている気がする。それに原辰徳監督は試合巧者だし、なんだかんだ言ってまとめてくるチームです。ただ前回も言ったけれども、先発陣が未知数。菅野智之は今年調子がよさそうだけど、その次の2番手は誰なの? という感じです。あてになる先発投手が他にいないというのが一番の不安な点です。たとえ120試合といえども、投手が足りないと勝てないですから。

 阪神は前回、「ベテラン頼りをいい加減やめなければいけない」と指摘したけど、福留孝介のようなベテランは、年齢もそうだし、今季は過密日程ということもあって毎試合出られるわけじゃない。彼らの負担をもうちょっと軽くしてあげないといけないですよね。でも、主砲になるべき大山悠輔はまだそこまで育っていない。

 もっとも、阪神は大山にかける期待が大きすぎるんですよ。だから逆に育たない。実績がないうちから4番を打たせてプレッシャーをかけるのは間違ってますよ。4番にはいい外国人を連れてきて、大山は下位打線でじっくり育てればいいんです。今年は新外国人のボーアもまあまあだし、彼を主砲に据えて、大山や中谷将大、江越大賀といった素質のある若手をじっくり育てる。そうやって打撃力を向上させれば、元々投手力はあるわけだし、十分上位進出のチャンスはあると思いますよ。
  ヤクルトが最下位というのは、動かないでしょう。とにかく人材がいない。石川雅規が開幕投手と言っているくらいだから……石川が悪い選手だということではなくて、40歳のベテランに開幕を任せなければいけないというのがチーム状況を象徴してますよね。やっぱり開幕1戦目に持ってくるべきは、活きのいい若手ピッチャーなんだけど、それがいない。普通なら小川なんだろうけど、ここ最近はパリッとしない。原樹理も良い球を投げるんだけど、ゲームを作るテクニックには欠けている。そういう投手の人材不足に加えて、今季は30本100打点のバレンティンも抜けた。やはり戦力不足な感じが否めません。

解説●山﨑武司

【プロフィール】
やまさき・たけし/1968年生まれ。愛知県出身。愛工大名電高から1987年ドラフト2位で中日ドラゴンズに入団。オリックス・ブルーウェーブを経て2005年東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍。07年には39歳で二度目の本塁打王、この年は打点王も獲得し、二冠王に輝いた。12年から中日に復帰し、翌13年シーズンを持って27年のプロ野球選手生活を終えた。引退後はスポーツコメンテーターとしてテレビやラジオで活躍するほか、講演活動や野球教室なども精力的に行い、野球の普及推進に尽力している。

【PHOTOギャラリー】球界を牽引する名手たちの「高校」「大学」当時を秘蔵写真で振り返る

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?