【岡田彰布のパ・リーグ順位予想】ソフトバンクと楽天の一騎打ち。西武はピッチャーが厳しいな

【岡田彰布のパ・リーグ順位予想】ソフトバンクと楽天の一騎打ち。西武はピッチャーが厳しいな

松田らベテランが健在なソフトバンクは、選手層の厚さが他球団を圧倒している。写真:滝川敏之

新型コロナウイルスの感染拡大によって、3月20日の開幕が延期になってから3か月。プロ野球の新シーズンが、ついに6月19日に幕を開ける。およそ5か月間で120試合を戦う未曾有の過密日程には、どんなドラマが待っているのか。阪神、オリックスで監督を務めた岡田彰布氏に、2020年シーズンの順位を改めて予想してもらった。

【岡田氏のパ・リーグ順位予想】
1位 ソフトバンク
2位 楽天
3位 ロッテ
4位 西武
5位 オリックス
6位 日本ハム

 いろんなスポーツの先陣を切ってプロ野球が始まるので、まずは無事に開幕し、選手が全力でプレーできる環境になってほしい。こんな過酷な日程で選手のコンディション作りは大変やから、とにかくベストパフォーマンスを見せてもらえれば満足や。

 順位予想は、3月時点と変わらんな。優勝候補の筆頭は、やはりソフトバンクやろう。

 毎年のように怪我人に悩まされながら、それでも分厚い選手層で勝ってきたソフトバンクは、今年もその選手層が生きるよな。開幕が延びて千賀滉大などが戻ってこられそうやし、東京五輪の延期でシーズン中に主力を持っていかれることもなくなった。死角という死角がないな。

 デスパイネやグラシアルがいつ来日できるかのか分からんけど、それでもバレンティンがいるからな。補強がこういう形で生きるとは、ソフトバンクの首脳陣も思わなかったやろ。これだけ選手層が充実していれば、監督としては楽だよ。下手すると一強体制になりかねんな。
  対抗は変わらず楽天やな。メンバーが揃ってきて充実している。既存のベテラン陣はもちろん、トレードで来た涌井秀章やFAの鈴木大地もチーム力の底上げに大きく貢献しているよ。辰己涼介やドライチの小深田大翔など、若手でも使える駒が多いしな。優勝争いできる陣容は揃ったよ。

 投手陣では、松井裕樹の先発転向が上手くいけば鬼に金棒だけど、個人的にはあんまり賛成できへんな。他のクローザーが出てこなければ、守護神復帰を考えたほうがいいやろ。
  ロッテも面白い存在やな。涌井を放出したけど、FAで楽天から美馬学を加えているし、ソフトバンクの福田秀平も獲得した。鈴木が抜けた穴に鳥谷敬を獲っているし、良い補強をしているよ。爆発的な何かがあるわけではないけど、全体的に選手層の厚みが増してレベルが上がっているよな。

 西武はやっぱり戦力が抜けているのが痛い。去年は浅村栄斗(現・楽天)が抜けてもリーグ制覇を果たしたけど、さらに秋山翔吾(現シンシナティ・レッズ)が抜けた今年は厳しいだろうな。それにピッチャー陣も、1年間を通して軸で回れる選手がなかなか出てこない。今年は過密日程で投手力がより重要になってくるからな。特にブルペンに使える駒が少ない西武にとっては、厳しいシーズンになるよ。
  オリックスは、山岡泰輔や山本由伸あたりがしっかり勝っていけば、ある程度の成績は見込める。問題は打線や。ジョーンズもまだ本領を発揮していないしな。吉田正尚が孤軍奮闘しても、限界はあるよ。

 日本ハムは、西武と同じくピッチャーがしんどい。有原航平が勝ち星を稼いでも、他に軸が出てこないと厳しいな。去年は栗山英樹監督がいろいろと奇策を用いたけど、それは真っ向勝負では勝てないから。総合的な戦力も他の球団に見劣りするな。

解説●岡田彰布

【著者プロフィール】
おかだ・あきのぶ/80年ドラフト1位で阪神に入団し、1年目からレギュラーとして活躍。85年には21年ぶりのリーグ優勝、日本一を達成し、ベストナインとダイヤモンドグラブ賞(現ゴールデングラブ賞)を受賞した。95年の現役引退後は、阪神、オリックスの監督として指揮を執り、現在は野球解説者として活躍中。

関連記事(外部サイト)

×