【岡田彰布のセ・リーグ順位予想】外国人枠の増加は阪神に有利。それでも1位はDeNAやな

【岡田彰布のセ・リーグ順位予想】外国人枠の増加は阪神に有利。それでも1位はDeNAやな

打線が魅力のDeNAだが、守護神の山崎が安定しているのも強みのひとつだ。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

新型コロナウイルスの感染拡大によって、3月20日の開幕が延期になってから3か月。プロ野球の新シーズンが、ついに6月19日に幕を開ける。およそ5か月間で120試合を戦う未曾有の過密日程には、どんなドラマが待っているのか。阪神、オリックスで監督を務めた岡田彰布氏に、2020年シーズンの順位を改めて予想してもらった。

【岡田氏のセ・リーグ順位予想】
1位 DeNA
2位 阪神
3位 広島
4位 巨人
5位 ヤクルト
6位 中日

 セ・リーグは、かなり力が拮抗しているな。中日とヤクルトは厳しいけど、4位以上はどこが優勝してもおかしくないと思うわ。

 ここ最近の練習試合では結果が出てないけど、DeNAは力があるよ。選手の粒が揃ってきて、連覇していた頃の広島のような雰囲気がある。今年はチャンスやな。

 DeNAは筒香嘉智(タンパベイ・レイズ)が移籍して戦力ダウンしたけど、4番候補の佐野恵太を挟む3、5番の外国人(オースティン、ソトなど)が打てる。特にオースティンには可能性を感じるな。何番を打たせるかにもよるけど、いずれにせよ打線の軸になってくるやろう。

 守備面も良くなっているのもプラス要素やな。大人のチームになったというか、去年までとは明らかに違う。DeNAは打つチームというイメージがあると思うけど、守備の連係もしっかりしてきたし、一皮剥けた印象だ。
  阪神は外国人選手が8人おるから、登録枠が増えたのは大助かりだ。豊富な戦力をしっかり使えるからな。ボーアはキャンプで不安を見せていたけど、ここ最近はスウィングがシャープになって柵越えが出てきた。もちろん、この時期はデータを取るために、相手投手が”打たせる”ことも多いけど、ボーア本人もアジャストしてきた面があると思うよ。あとは変化球への対応やな。これはシーズンが始まってからでないと分からへん。

 藤浪晋太郎の二軍行きは痛手だけど、救援陣は心配ないから、先発の頭数が揃えば問題なく戦っていけると思うよ。

 広島は、大瀬良大地、ジョンソンという軸がいるのが大きいな。森下暢仁が打ち込まれているのは不安材料だけど、ポテンシャルはある選手。野村祐輔も控えているし、投手陣は明らかに巨人よりもいいよ。

 心配なのは後ろを務めるブルペン陣やけど、中崎翔太がこの3か月で調子を戻してきているようだ。鈴木誠也が引っ張る打線は計算できるので、中崎が安定すれば優勝も狙える。監督が代わってチームの雰囲気が明るくなっていたのも好材料やな。
  巨人はバッターが揃っているから、ある程度点は取れるだろう。ただ、気になるのは投手陣。菅野智之の次のピッチャーがいないからな。昨年のセ・リーグ最多勝投手・山口俊が抜けた穴はでかいよ。メルセデス、田口麗斗までは戦えるけど、4番手は明らかに力が落ちる。戸郷翔征や桜井俊貴あたりが台頭してこないと優勝は見えてこないやろうな。

 ヤクルトもピッチャーが心許ない。石川雅規や小川泰弘もシーズンを通してのフル回転は難しいだろうし、彼らが万全の状態でも投手陣はしんどいよ。打線は、バレンティンが抜けて山田哲人への負担がどうしても増える。村上宗隆が一本立ちしないと厳しいな。
  ただ、先発の頭数がいない分、奥川恭伸にはチャンスがある。奥川が出てきたら、大きなインパクトを与える可能性がある。出てくるだけでいろんな意味でチームにプラスの影響を与えるはずだよ。

 中日は戦い方が定まっているけど、球場の影響もあってホームランが出にくいし、打線のつながりもいまいち良くない。かといって、計算できる投手陣がいるわけでもないのがつらいな。やっぱり一番の気がかりは、勝ちパターンが作れないこと。勝っている試合でも、負けている試合でも、同じ救援陣が出てくる。そのあたりの住み分けがしっかりできてくれば、面白くなるんやけどな。

解説●岡田彰布

【著者プロフィール】
おかだ・あきのぶ/80年ドラフト1位で阪神に入団し、1年目からレギュラーとして活躍。85年には21年ぶりのリーグ優勝、日本一を達成し、ベストナインとダイヤモンドグラブ賞(現ゴールデングラブ賞)を受賞した。95年の現役引退後は、阪神、オリックスの監督として指揮を執り、現在は野球解説者として活躍中。

関連記事(外部サイト)