【2020ブレイクアウト候補は誰だ!?:セ・リーグ】梅津は球界を代表するエースへ。“二軍の帝王”塩見に期待!

【2020ブレイクアウト候補は誰だ!?:セ・リーグ】梅津は球界を代表するエースへ。“二軍の帝王”塩見に期待!

練習試合で猛打爆発のメヒア(左)は広島打線のキーマンとしても注目。梅津(右)のポテンシャルはフルシーズンで発揮なるか。写真:滝川敏之(メヒア)、金子拓弥(THE DIGEST写真部/梅津)

今年はどんなニュースターが台頭するのか。練習試合の結果やデータ傾向などを踏まえ、編集部が選んだ5人の候補をそれぞれ見ていこう。

●梅津晃大(中日)
 ドラゴンズに久々に現れた本格派右腕だ。プロ1年目の昨季は8月に一軍デビューを果たし、6登板で4勝1敗、防御率2.34と好投。187cmの長身から投じるストレートは誰が見ても惚れ惚れする代物で、フォークも被打率.087、空振り率23.5%と抜群の切れ味を誇る。故障の不安はあるが、大谷翔平に斉藤和巳と、これまでに比較対象として挙げられた投手を並べるだけで、どれほどの大器か分かろうというもの。一足先にプロで活躍している大学同期の上茶谷大河(DeNA)、甲斐野央(ソフトバンク)を一気に追い越すくらいの活躍を期待したい。

●メヒア(広島)
 6月の練習試合では6本塁打、15打点がセ・リーグ最多と絶好調で開幕を迎える。活躍の要因はグリップ位置を低くし、トップに入るまでを速くした新フォームだ。そもそも、二軍では18年に三冠王、昨年も21本塁打&56打点の二冠と敵なしで、あとは一軍のピッチングにどう慣れるかだった。今季は多くの打席数が与えられそうな点もプラスに働くはず。4番・鈴木誠也の後ろを打つポイントゲッターとして、メヒアの活躍は今季のチーム全体の命運をも左右するだろう。
 ●佐野恵太(DeNA)
 MLBへ移籍した筒香嘉智の後継者として期待されているのが4年目の佐野。今季はキャプテンにも抜擢され、16日に発表された開幕スタメンでは4番・レフトに名を連ねた。昨季は代打打率.344と勝負強さは証明済み。6月の練習試合では全試合4番で起用され、当初は重圧からか無安打が続いたが、9〜10日には2試合連続アーチを含む5安打と徐々に調子を上げてきた。「打率.280〜.290、15〜20本塁打は打てる」というラミレス監督の期待に応えられるか。

●塩見泰隆(ヤクルト)
 今季こそ“二軍の帝王”を返上したい。プロ1年目からファームでは結果を残し、昨年は74試合で打率.310、16本塁打、23盗塁、OPS1.009と「イースタンの山田哲人」と呼びたくなるような活躍を見せた。だが、一軍では2年続けて結果を残せず。27歳という年齢を考えても、今季は結果が欲しいところだ。ゴロ打球が多かったことからアッパー気味のスウィングを導入。メンタル強化にも取り組んでいるという。6月上旬から上半身のコンディショニング不良で一時離脱したが、すぐ復帰できた。チームの外野陣はバレンティンが抜け、青木宣親も雄平も30代後半に差し掛かっている状況。チャンスは十分あるはずだ。

●島内颯太郎(広島)
 ブルペンに一抹の不安を抱える今季のカープで期待したいのが大卒2年目の島内だ。6月9日のオリックスとのファーム練習試合では157キロをマークして話題を呼んだが、優れた資質の片鱗は新人年の昨季にものぞかせていた。防御率は4.40と平凡だったものの、奪三振率10.36、28.2投球回でわずか1被本塁打と、データ上からも飛躍を裏付ける根拠はある。キャンプでは変化球を投げる際の腕の高さをストレートと同じにするよう調整。開幕は二軍スタートとなりそうだが、実力を証明する機会はそう遠くないうちに訪れるだろう。

構成●SLUGGER編集部

【PHOTOギャラリー】球界を牽引する名手たちの「高校」「大学」当時を秘蔵写真で振り返る
 

関連記事(外部サイト)