【今週のセ・リーグ展望】菅野は昨年の悪夢を払拭できるか。週末の注目は梅津vs森下の本格派対決!

【今週のセ・リーグ展望】菅野は昨年の悪夢を払拭できるか。週末の注目は梅津vs森下の本格派対決!

日曜日に予定される梅津(左)と森下(右)の対決。将来の球界を担う2人の投球に注目が集まる。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)、滝川敏之

開幕2週目を迎えたセ・リーグ。各カードの予想先発投手のマッチアップを見ながら、注目ポイントを整理しておこう。

●巨人×広島(東京ドーム)
【予告・予想先発】
23日(火) 戸郷翔征−K・ジョンソン
24日(水) メルセデス−九里亜蓮
25日(木) 桜井俊貴−遠藤淳志

 開幕3連勝の巨人が好調の広島を迎え撃つ。初戦の先発は、巨人が2年目の戸郷翔征、広島はジョンソンでスタートする。練習試合から好調な戸郷がカード頭を任されたのは驚きだが、2016年の沢村賞投手とどこまで渡り合えるか注目したい。打線は坂本勇人と岡本和真が好調。ベテランの中島宏之、陽岱鋼らが厚みを加えているのも大きい。丸佳浩がまだ本調子ではないものの、周りがいいのでそれを感じさせない。

 広島も打線は好調だ。4番の鈴木誠也はDeNAとの開幕2戦目で満塁弾を含む2ホームランと爆発。チーム全体でも、3試合で12本もの長打を放っている。ただ、懸念視されていたブルペンは開幕3戦目で9回に逆転サヨナラを許すなど、いきなり不安が的中。絶対的な抑えが不在で、リードして試合終盤を迎えても最後まで目が離せないことになりそうだ。
 ●ヤクルト×阪神(神宮)
【予告・予想先発】
23日(火) イノーア−青柳晃洋
24日(水) スアレス−ガンケル
25日(木) 高梨裕稔−秋山拓巳

 開幕シリーズで中日に1勝2敗と負け越したヤクルトと、巨人にスイープを食らった阪神の対決。どちらも浮上のきっかけにする3連戦にしたいはずだ。

 投手力に不安が残るヤクルトは、初戦で新外国人のイノーアが先発する。練習試合では安定していただけに、このまま好調をキープしたい。2戦目のスアレス、3戦目の高梨裕稔はともにストレートでどこまで押せるかがカギになる。打線は日曜日の試合で完封を食らったとはいえ状態は悪くない。特に1番の坂口智隆が絶好調で、阪神にとっては要マークの存在だ。

 阪神としてはやはり初戦の青柳でしっかり勝ちたい。練習試合では克服したと思われた制球難が再び顔をのぞかせていた。しっかりゲームメイクできるか注目だ。対左投手への課題が浮き彫りになっているボーアは、右投手が先発の時に浮上のきっかけをつかみたい。
 ●DeNA×中日(横浜)
【予告・予想先発】
23日(火) 浜口遥大−柳裕也
24日(水) 井納翔一−山本拓実
25日(木) 坂本裕哉−岡野祐一郎

 日曜日のサヨナラ勝ちで何とか3連敗を逃れたDeNA。クローザーの山崎康晃がまだ登板していない事実が、チームがまだ本来の形でないことを表している。守護神につなげるまでの継投をどうマネジメントするかがポイントになりそうだ。打線は、オープン戦/練習試合で好調だったオースティンが右ヒジの張りで開幕3試合とも先発から外れた。この3連戦でスタメンに戻ってこれるかどうか注目だ。

 中日は柳が先発するカード頭をしっかり取って、続く若手の山本、岡野につなげたい。新世代を担う今節のローテーションはワクワクとするものがある。強打のDeNA打線を抑えれば自信もつくはずだが、山本は練習試合でも甘く浮いた球をホームランにされる場面があっただけにコントロールミスには気を付けたい。
 ●ヤクルト×巨人(神宮)
【予告・予想先発】
26日(金) 石川雅規−菅野智之
27日(土) 小川泰弘−サンチェス
28日(日) 山田大樹−田口麗斗

 菅野にとって神宮球場は歓喜と悪夢が錯綜する場所だ。2018年のCSでノーヒットノーランを達成したが、昨年4月には青木宣親・山田哲人・バレンティンに3連発を食らうなど、3.1回12安打7失点と打ち込まれた。今季は新投球フォームの効果もあってか明らかに球威が向上。今度はどんなピッチングを見せるだろうか。
 ●DeNA×阪神(横浜)
【予告・予想先発】
26日(金) 今永昇太−西勇輝
27日(土) ピープルズ−岩貞祐太
28日(日) 平良拳太郎−中田賢一

 このカードでの1番の注目は、開幕投手が投げ合う初戦が面白い。前回登板を好投しながら勝ち投手になることができなかっただけに、両者、かなり勝利を目指してくるはずである。もっとも、今カードの注目はそれだけではない。阪神は21日に投げたガルシアを抹消。28日は新加入のベテラン右腕・中田が先発する可能性が高い。
 ●中日×広島(ナゴヤドーム)
【予告・予想先発】
26日(金) 大野雄大−大瀬良大地
27日(土) 吉見一起−床田寛樹
28日(日) 梅津晃大−森下暢仁

 中日にとっては本拠地ナゴヤドームでの開幕シリーズ。何と言っても注目は3試合目の若手本格派右腕対決。新人王最有力候補の森下と、2年目の飛躍が期待される梅津が投げ合う。森下は21日のDeNA戦で7回1失点、梅津はヤクルト戦で7回無失点の好投を見せた。新時代の到来を感じさせる投げ合いに期待したい。

取材・文●氏原英明(ベースボールジャーナリスト)

【著者プロフィール】
うじはら・ひであき/1977年生まれ。日本のプロ・アマを取材するベースボールジャーナリスト。『スラッガー』をはじめ、数々のウェブ媒体などでも活躍を続ける。近著に『甲子園という病』(新潮社)、『メジャーをかなえた雄星ノート』(文藝春秋社)では監修を務めた。

【PHOTO】ファンの心を鷲掴み!イケメンプロ野球選手を厳選!
 

関連記事(外部サイト)