【今週のパ・リーグ展望】西武はソフトバンク相手にCSのリベンジを果たせるか。日本ハムは新人・河野に期待

【今週のパ・リーグ展望】西武はソフトバンク相手にCSのリベンジを果たせるか。日本ハムは新人・河野に期待

西武は6連戦の初戦を高橋に託す。練習試合ではいまひとつの調子だったが、ライバルのソフトバンク相手に結果を残せるか。写真:産経新聞社

開幕第2週を迎えたパ・リーグでは、これまで例にない同一カード6連戦が始まる。各カードの注目ポイントを整理しておこう。

●西武−ソフトバンク(メットライフ)
【予告・予想先発】
23日(火) 高橋光成−ムーア
24日(水) 今井達也−石川柊太
25日(木) 本田圭佑−バンデンハーク
26日(金) ニール−東浜巨
27日(土) 松本航−和田毅
28日(日) 與座海人−二保旭

 ソフトバンクが圧勝した過去2年のCSファイナルステージと同じ対戦。昨年、一昨年とソフトバンクは工藤公康監督が第2先発をうまく使って西武打線を分断した。奇しくもと言うべきか、ソフトバンクは昨年の新人王・高橋礼をリリーフで起用している。彼の起用法も注目される。

 初戦先発の高橋とムーアは、ともに開幕前の練習試合ではピリッとしなかった。西武、ソフトバンクともまだ打線が本調子ではないだけに、どちらかが先にきっかけをつかむか注目される。
  両チームとも打線を組み替えてくる可能性もある。西武は練習試合で好調だった1番のスパンジェンバーグが開幕3試合で14打数1安打、8三振。ただ、金子侑司の状態も上がっていないだけに、入れ替えがある場合は外崎修汰なども選択肢に入りそうだ。一方のソフトバンクは3試合とも違う選手を1番で起用していたが、好調の栗原陵矢を1番に固定し、柳田とバレンティンの3、4番を2、3番に繰り上げることで破壊力をさらに上げていきたい。

●ロッテ−オリックス(ZOZOマリン)
【予告・予想先発】
23日(火) 二木康太−アルバース
24日(水) 小島和哉−K−鈴木
25日(木) 岩下大輝−村西良太
26日(金) 石川渉−山岡泰輔
27日(土) 種市篤暉−田嶋大樹
28日(日) 美馬学−山本由伸

 ソフトバンクを相手に勝ち越したロッテは、辛くも3連敗を逃れたオリックスを迎え撃つ。ロッテは初戦に投手陣の軸として期待される二木を立てて、いい形で6連戦のスタートを切りたい。
  ただ、打線には不安材料がある。新加入の福田秀平が右肩甲骨の骨折でいきなり離脱し、中村奨吾も21日の試合で頭部死球を受けて途中退場。開幕2、3試合目に3番に抜擢されながらまだノーヒットの安田尚憲や、まだ出番のない新人の佐藤都志也らの活躍に期待したい。

 一方のオリックスはアルバース、K―鈴木、村西の前半3枚の先発陣に不安を残す。6試合とも先攻、さらにT-岡田を1番に据える攻撃的オーダーを組んでいることからも、試合序盤に主導権をつかみたい。週末は二枚看板の山岡と山本が満を持して登板してくるだけに、火・水・木の3試合をいかに踏ん張れるかが重要になってくる。

●楽天−日本ハム(楽天生命パーク)
【予告・予想先発】
23日(火) 弓削隼人−マルチネス
24日(水) 涌井秀章−河野竜生
25日(木) 塩見貴洋−バーヘイゲン
26日(金) 則本昂大−有原航平
27日(土) 松井裕樹−加藤貴之
28日(日) 石橋良太−杉浦稔大
  前節を勝ち越したチーム同士の対戦。楽天は大勝した開幕戦も終盤までは1点を争う好ゲームで、2戦目は延長戦の末、2対1で勝利。接戦をしっかり制している。先発陣だけでなく、新クローザーの森原康平を含めブルペンの充実も見逃せない。打線はやや当たりが出ていないが、FAで加入した鈴木大地がどの打順にも順応できるため、多様な組み方ができる。

 日本ハムは、継投策が功を奏して連勝した。楽天と同じくブルペンの充実が目立つ一方、西武に勝った2試合はいずれも先発投手を4回限りで降板させている。だが、6連戦では同じようにはいかないはずで、先発投手陣の頑張りがカギになる。ドラフト1位ルーキーの河野竜生の初登板にも注目が集まる。

 打線では中田翔が本塁打を含む3試合連続安打と好調。打線全体でも3試合で18もの四球を選ぶなど、つながりがしっかりできている。また、3試合とも遊撃のスタメンを外れていたベテランの中島卓也が21日の試合で途中出場ながら2安打2打点。レギュラー奪回なるか、こちらも注目だ。

取材・文●氏原英明(ベースボールジャーナリスト)

【著者プロフィール】
うじはら・ひであき/1977年生まれ。日本のプロ・アマを取材するベースボールジャーナリスト。『スラッガー』をはじめ、数々のウェブ媒体などでも活躍を続ける。近著に『甲子園という病』(新潮社)、『メジャーをかなえた雄星ノート』(文藝春秋社)では監修を務めた。

【PHOTO】ファンの心を鷲掴み!イケメンプロ野球選手を厳選!

関連記事(外部サイト)