巨人の3番、丸佳浩の2本塁打6打点の活躍で中日に快勝。「1日1日頑張っていきたい」と気を引き締める

巨人の3番、丸佳浩の2本塁打6打点の活躍で中日に快勝。「1日1日頑張っていきたい」と気を引き締める

2本塁打を放ち、大活躍の丸。写真:徳原隆元

巨人7−3中日/7月4日/東京ドーム

 丸佳浩の2本塁打の活躍で巨人が中日に快勝、3連勝で3カード連続の勝ち越しを決めた。

 巨人・田口麗斗、中日・吉見一起の両先発で始まった試合は、開始早々動きをみせる。1回裏、巨人は重信慎之介、坂本勇人の連打で先制のチャンスを作ると、打席には3番の丸。3球目をライトスタンドへ運び、巨人が先制する。

 さらに1点を加えた巨人が迎えた4回裏、中日のマウンドには2番手鈴木博志が上がる。無死一塁で再び丸が打席に。初球を捉えた当たりは右中間席へ飛び込むこの日2本目の本塁打となった。

 中日は6回に3点を返すが、巨人の救援陣がさらなる反撃を許さず。最後は澤村拓一が締め、2日連続で巨人に軍配が上がった。

 3安打6打点の活躍を見せた丸はヒーローインタビューに登場し、「(1本目は)打った瞬間どうかなという感じだったが、越えてくれてよかった。(2本目は)力強いストレートに振り負けることなく強いスイングで打つことができた」と振り返った。
  さらに、「シーズン序盤から足を引っ張ってきた分、しっかりとまた明日からの試合で取り返せるように1日1日頑張っていきたい」と以降の戦いに向けて意気込みを話した。

 巨人が阪神戦以来の同一カード三連勝を果たすか、それとも中日が一矢報いるか。注目の第3戦は5日、14時開始予定。予告先発は巨人・サンチェス、中日・梅津晃大と発表されている。

構成●THE DIGEST編集部

【巨人PHOTO】巨人が宮崎でキャンプイン。サンマリンスタジアムの観衆は2万3000人!

関連記事(外部サイト)