「今までが『千賀A』なら、『千賀B』になる感じ」――今季初勝利を挙げた千賀滉大の“変身”

「今までが『千賀A』なら、『千賀B』になる感じ」――今季初勝利を挙げた千賀滉大の“変身”

千賀は立ち上がりこそ苦しんだものの、終わってみれば5回3失点で、見事今季初登板で勝利投手となった。写真:THE DIGEST

7月7日の七夕の夜。千賀滉大(ソフトバンク)が一軍のマウンドに帰ってきた。もし新型コロナウイルスの感染拡大による開幕延期がなかったら、この日はソフトバンクにとって今季84試合目となる予定だった。ところが、開幕が遅れたために今季16試合目で初登板となった。2月の宮崎キャンプ中に訴えた右ふくらはぎ痛も、右前腕部の違和感も、十分にいやす時間が取れた。ファームでの調整登板も2試合をこなした。まさしく、満を持しての復帰登板だ。開幕延期で生じた3カ月間の猶予で、千賀は今季初マウンドを68試合分も“前倒し”することができたのだ。

 当初の予定では、この日はファームの阪神戦で最終調整した上で、14日のオリックス戦で一軍復帰の運びだった。これを一週間繰り上げたのは、15試合を終えた時点で4.5ゲーム差をつけられていた首位・楽天との本拠地6連戦を迎えるタイミングであったことと、さらに先発ローテ再編を図る中で、6連戦のカードの「頭」をエースで固定するメリットも踏まえてのものだった。
 「気持ちは高ぶってきています。リハビリ組にいた選手をいきなり(一軍に)呼んでもらった。しっかり意気に感じて、自覚を持って投げたい」

 千賀の“強き思い”が、初球からほとばしっていた。楽天の1番・茂木栄五郎へ5球連続のストレート。ファウルにされた4球目は、自己最速タイとなる161キロの剛速球だ。カウント1―2からの続く5球目は、内角を突いた159キロ。茂木のバットは全く反応できなかった。

 ここまでは圧巻の幕開け。しかし、2番・鈴木大地に左前打、4番・浅村栄斗に四球を許しての2死一、二塁から、5番・島内宏明に、155キロのストレートを捉えられての中越え二塁打で、立ち上がりにいきなりの2失点。森山良二投手コーチが「ちょっと力が入り過ぎて、上下(半身)のバランスが崩れてしまっているように見える」と分析したとおり、序盤はフォークをはじめ、変化球の制球が千賀にしては今ひとつのように映った。
  4四球のうち3つは2回までに許したということが、立ち上がりの苦闘を物語る。それでも、剛速球という“撒き餌”を効かせつつ、3回以降は直球を13球にとどめ、140キロ台後半のカットボール、130キロ前後のフォークとスライダーも交えることで、真っすぐ待ちの打者に的を絞らせなかった。5回の締めくくりはブラッシュ、浅村を連続の空振り三振に仕留めるなど、結局は初回の2失点と、3回に浅村から浴びたソロアーチの5回3失点にまとめた。全94球中、ストレート43球の平均球速が154.7キロという圧倒的な数字にも「今までが『千賀A』なら、『千賀B』になる感じです」と本人が表現した“変身”ぶりが見て取れた。

 目指しているのは、持てる体の力、そしてモーションの連動によって生み出す力のすべてを、余すことなく、無駄なく、効率よくボールに伝え切ること。オフには石川柊太と一緒に渡米し、カブスのダルビッシュ有のもとへ“弟子入り”して、フォームのメカニズムを見直した。ダルビッシュ自身が開発したといわれる、スプリットとツーシームの“間”、つまり、右打者の内角へ小さく食い込みながら落ちていくシンカー系の新球スプリームも伝授されたという。
  2月の宮崎キャンプでは、連日のように石川、松本裕樹、杉山一樹の“チーム千賀”のメンバーで、それぞれのフォームの映像を徹底的に解析した。千賀とのディスカッションの中で杉山が気づかされたのは、メジャーの右投手が投球後に一塁側へ倒れ込むケースが多いのは、体重移動によって生まれた力を、ボールに余すところなく乗せ切ろうとするからだということだった。千賀もこの日のマウンドで、一塁側へ倒れ込む荒々しさを時折見せた。それは、たゆまぬ研究と進化の表れでもあった。

「リズムも悪く、カードの頭を任せてもらったのに、5イニングしか投げることができなかったことも、しっかり反省しないといけない」。今季初登板を終え、自責のコメントを残した千賀だったが、それでも「勝ち試合」を作った。工藤公康監督も「ボールが高いところはありましたが、力は強かった。当たっている楽天打線に3点というのは、よしとしないといけないかなと思います」と高評価。まだまだ、始まったばかりの2020年ペナントレース。鷹の絶対的エースの“復帰白星”ほど、敵をひるませ、味方を心強くするものはないだろう。

取材・文●喜瀬雅則(スポーツライター)

【著者プロフィール】
きせ・まさのり/1967年生まれ。産経新聞夕刊連載「独立リーグの現状 その明暗を探る」で 2011年度ミズノスポーツライター賞優秀賞受賞。第21回、22回小学館ノンフィクション大賞で2年連続最終選考作品に選出。2017年に産経新聞社退社。以後はスポーツライターとして西日本新聞をメインに取材活動を行っている。著書に「牛を飼う球団」(小学館)「不登校からメジャーへ」(光文社新書)「ホークス3軍はなぜ成功したのか?」 (光文社新書) 

【ソフトバンクキャンプPHOTO】目指すは4年連続日本一!2020年のスローガンは「S15(サァイコー!)」
 

関連記事(外部サイト)