4戦連続本塁打中の楽天・浅村栄斗が目指す「パ・リーグ記録」と「日本記録」への道

4戦連続本塁打中の楽天・浅村栄斗が目指す「パ・リーグ記録」と「日本記録」への道

絶好調の浅村は今日も本塁打を放って、快挙への道を歩めるだろうか。写真:徳原隆元

楽天の4番・浅村栄斗のバットが火を噴きまくっている。

 開幕17試合で9本塁打、26打点。このペースで行けば、年間64本塁打&183打点でいずれも日本記録を更新する勢いである。もっとも、シーズンを通してずっと打つのは限りなく難しいので、この“妄想”は一旦置いておき、“現実的”な記録への挑戦に目を向けよう。

 浅村は昨日8日のソフトバンク戦で3ランを放ち、これで7月4日のロッテ戦から4試合連続本塁打。楽天の球団記録に並んでいる。果たして連続本塁打の日本記録は、ご存知の通り王貞治とランディ・バースの7試合連続である。一方、パ・リーグの連続記録は、カブレラや松中信彦ら計8人が到達している6戦連発。今日の試合でホームランを打てなければ意味はないものの、年間と違って3日後には少なくとも分かるのだから、ずっとリアルに近い“妄想”だ。

 直近では、西武の、そして大阪桐蔭高の先輩でもある中村剛也が2018年8月に6試合連続本塁打をマーク。他にも2016年の大谷翔平が二刀流を続けながら5戦連発を記録している。ただ意外なことに、彼ら2人はもちろん、連続本塁打記録の上位の中で、その年の本塁打王を獲得している選手はかなり少ない。
  先に挙げた王&バースの2人は納得の複数タイトル(バースは三冠王)に輝いている一方、6試合連続本塁打を記録している13選手のうち、本塁打王となったのはランス、松中、ゲレーロの3人だけ。この数字を見るだけでも、年間を通して打ち続ける難しさが分かるはずだ。

 その中でも、あまりに“悲運”だった選手がいる。1970年代にロッテの中心打者として活躍したアルトマンだ。来日7年目、41歳を迎えた74年は打撃絶好調で、6月にパ・リーグ記録に並ぶ6試合連続本塁打をマークしていた。しかしその後、大腸がんが発覚。自身は周囲に明かさず気合いでプレーを続けていたものの、8月7日の南海戦の試合途中に気を失ったことで明るみとなり、無念のシーズンエンドとなった。そこまでの85試合で21本塁打、打率.351、OPS1.095と圧巻の成績を残していただけに、つくづく悔やまれた。

「数字に関しては出来過ぎかなってぐらい順調」と謙遜する浅村。しかしここまでの9本塁打は、引っ張りで4本、センターに1本、逆方向に4本と、彼らしい逆らわないバッティングを見せている。自らの広角打法という強みを維持しながらも、“パワーフォルム”に変貌している現在の浅村なら、快挙達成も十分可能な気がしてならない。

〈7試合連続本塁打〉
・王貞治(巨人/1972年9月11日〜20日)
・バース(阪神/1986年6月18日〜26日)

〈6試合連続本塁打〉
・大杉勝男(日拓/1973年10月2日〜9日)
・アルトマン(ロッテ/1974年6月13日〜23日)
・土井正博(クラウン/1978年5月14日〜22日)
・デービス(近鉄/1985年8月2日〜8日)
・ランス(広島/1987年6月9日〜16日)
・石嶺和彦(阪急/1987年9月2日〜10日)
・スチーブンス(近鉄/1995年4月7日〜13日)
・カブレラ(西武/2003年9月9日〜15日)
・阿部慎之助(巨人/2004年4月9日〜16日)
・松中信彦(ダイエー/2004年7月17日〜23日)
・新井貴浩(広島/2005年6月22日〜28日)
・ゲレーロ(中日/2017年5月28日〜6月3日)
・中村剛也(西武/2018年8月4日〜8月10日)

文●新井裕貴(SLUGGER編集部)

【PHOTO】ファンの心を鷲掴み!イケメンプロ野球選手を厳選!

関連記事(外部サイト)