メジャーリーガーも『髭男』の虜?マエケン僚友“100億円プレーヤー”が「夢じゃない」「忘れない」と熱唱!

メジャーリーガーも『髭男』の虜?マエケン僚友“100億円プレーヤー”が「夢じゃない」「忘れない」と熱唱!

MVP男ドナルドソン(右)がマエケン(左)の勧めで『髭男』の虜に!? (C)Getty Images

“Pretender”が日本史上最速でストリーミング総再生回数1億回を突破するなど、人気がとどまるところを知らない『Official髭男dism』。昨夏には“宿命”が「熱闘甲子園」のテーマソングにも起用されるなど、野球界ともつながりを持っている。果たしてその人気バンドの魅力は遠く海を越え、メジャーリーガーをも魅了しているようだ。

 その一人が、2015年にア・リーグMVPを受賞し、昨オフに4年9200万ドル(約98億円)の契約を手にしたジョシュ・ドナルドソン。彼が『髭男』の“宿命”を熱唱している姿が話題を呼んでいる。その動画を投稿したのは、ドナルドソンとともに、今季からミネソタ・ツインズに加入した前田健太だ。
  前田は現地9日、自身のインスタグラム(18_maeken)に英語と日本語で次のように綴り、ドナルドソンの熱唱動画をアップした。

「Gave Josh my playlist with Japanese songs and now he’s singing!(ジョシュに俺の日本語の曲のプレイリストをあげたんだ。見てくれよ、歌ってるぜ!)

 今年からチームメイトになったドナルドソン!日本の曲のプレイリストが欲しい!と言われたので作ってプレゼントしました。歌ってる」

 動画では、ドナルドソンがたどたどしい日本語ながらも、ノリノリで“宿命”の2番の歌詞「夢じゃない 夢じゃない あの日の悔しさ 忘れない 忘れない 掌の爪痕」を歌っている。そして、おそらく最も響きの良かったであろう「夢じゃない」「忘れない」の部分だけは、“ちゃんと”口ずさめているのだから凄い。

 これを見た日本のファンからは「いい声ですね!」「カワイイ!」「上手いですね〜」と絶賛の嵐。そして、アメリカのファンからも「Good!」とコメントがつけられている。ちなみに、ドナルドソン自身はマエケンの動画に「ちゃんと歌詞を言えてた?」とメッセージを送り、前田が「Yes!」と返すなど、ここでも仲良さげな様子を見せていた。

構成●SLUGGER編集部

【PHOTO】大谷翔平、ジャッジ、スタントン…メジャーリーグ最強打者を厳選!

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Gave Josh my playlist with Japanese songs and now he’s singing! 今年からチームメイトになった @therealbor_20 ドナルドソン! 日本の曲のプレイリストが欲しい!と 言われたので作ってプレゼントしました?歌ってる? #official髭男dism #宿命 #日本の曲 #歌 #プレイリストを作って #プレゼント #ちょっと歌えてるのすごいな #笑

前田 健太 (kenta maeda)(@18_maeken)がシェアした投稿 -

関連記事(外部サイト)