「猛虎魂を感じる」阪神ボーアの家族が甲子園で初観戦。長男ジミーくんのユニフォーム姿をファン絶賛

「猛虎魂を感じる」阪神ボーアの家族が甲子園で初観戦。長男ジミーくんのユニフォーム姿をファン絶賛

ペースをつかんできた様子の阪神ボーア。甲子園にはユニフォーム姿で妻と長男が応援に駆け付けた。写真:産経新聞社

プロ野球に観客が戻ってきた10日、阪神の新助っ人の頼もしいサポーターも本拠地甲子園に駆け付けた。

 ジャスティン・ボーアの夫人、ヘイリーさんは10日、自身のツイッターを更新。2枚の写真を投稿した。1枚目はユニフォーム姿のボーアが長男ジミーくんを抱きかかえる写真。2人とも阪神のユニフォームを着ている。2枚目はヘイリーさんとジミーくんが傘を差し、スタンドで観戦している様子である。 

 この投稿に「ボーアベイビー可愛い!!」「日本に来てくれてありがとう」「猛虎魂を感じる」「力の源ですよね!」などのコメントが寄せられた。

 雨天のため5回コールドゲームで終了となった10日の試合。それでもボーアは、家族の応援のおかげか、第1打席に四球を選び、第2打席は苦手とする左腕から安打を放つなど結果を残した。

 開幕からは18打席無安打と不振に苦しんだボーアだったが、5日の広島戦、9日の巨人戦で2試合連続本塁打を放つなど調子は上向き。それに引っ張られるように、チームも4連勝と復調傾向にある。
  阪神には近年、マット・マートン氏やランディ・メッセンジャー氏など、家族と共に日本の生活になじみ、大活躍した助っ人の例がある。ボーアにも彼ら以上の活躍を期待し、彼らをもってしても成し遂げられなかった優勝を夢見るファンも多いことだろう。

構成●THE DIGEST編集部

【阪神PHOTO】無観客でもなんのその!元気にプレーする選手たち
 

関連記事(外部サイト)