大谷が今シーズン最初の打席で見事初安打!鮮やかな打球がセンター前へ

大谷が今シーズン最初の打席で見事初安打!鮮やかな打球がセンター前へ

大谷の今季初打席は、得意のモンタスから鮮やかなセンター前ヒット。(C)Getty Images

7月24日(現地時間)、今季開幕戦に3番・DHで先発出場した大谷翔平(エンジェルス)が、第1打席で安打を放った。

 試合はアスレティックスの本拠地オークランド・アラメダ・カウンティ・スタジアムで行われ、アスレティックスの開幕投手は、昨季前半戦だけで9勝を挙げた27歳のフランキー・モンタス。 2番マイク・トラウトが死球で出塁の後、今季初打席を迎えた大谷は、3ボール1ストライクからアウトコースの4シームを、バットを折りながらもセンター前へはじき返して今シーズン初安打を放った。

 エンジェルス打線はこの後、5番トミー・ラステラも四球で出塁して二死満塁とするものの、6番アルバート・プーホルスが三振に倒れて先制は逃している。

構成●SLUGGER編集部
 

関連記事(外部サイト)