「これが日本の四番よ」「横浜の宝が世界の宝に」鮮烈本塁打デビューの筒香嘉智を日米のファン絶賛

「これが日本の四番よ」「横浜の宝が世界の宝に」鮮烈本塁打デビューの筒香嘉智を日米のファン絶賛

デビュー戦の第3打席で初本塁打を放った筒香。外角の4シームをセンター左に運んだ。(C)Getty Images

今季メジャーリーグに挑戦したタンパベイ・レイズの筒香嘉智が、開幕戦の初打席でホームランを放ち、日米のファンから大きな歓声が起こっている。

 ホームランの動画を投稿した球団公式SNSには「この男はトラウトより素晴らしい」「いいスイングだ、ヨシ。もっと打つことを期待している」「日本のトラウトだ」など、現地のファンからコメントが寄せられた。早くも戦力として認められているようだ。

 また、日本のファンも現熱狂し、「さすが、素晴らしい」「これが日本の四番よ」「横浜の宝が、世界の宝に!!」などと、賞賛の声が次々と上がった。さらに、「フロリダの空高く、ホームランかっ飛ばせ筒香」と、DeNA時代の応援歌をもじった応援も多く寄せられている。

 24日、古巣のDeNAは、筒香の後を継いで主将を務める佐野恵太の逆転サヨナラ満塁弾で劇的な勝利を収めた。それを踏まえて、「新旧キャプテン揃い踏みで最高過ぎ」「ベイスターズや佐野選手の想い、ちゃんと筒香選手に届きましたね」と感慨に浸るDeNAファンもいるようだ。
  7月23日(現地時間)に開幕し、試合が60試合と例年に比べて大幅に少ない異例の今シーズン。開幕戦で鮮烈なデビューを飾った筒香は、日米の両方から今後も大きな注目を集めそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事(外部サイト)