レッズ秋山が初のマルチ安打も…5打席目は不運な当たりでまさかのトリプルプレー

レッズ秋山が初のマルチ安打も…5打席目は不運な当たりでまさかのトリプルプレー

秋山は7回の第5打席、レフト前へ抜けるかと思われたヒット性の打球がまさかのトリプルプレーに。(C)Getty Images

秋山翔吾(レッズ)が、現地時間29日に本拠地グレートアメリカン・ボールパークで行われたカブス戦に出場。初のマルチ安打を記録し、第5打席にもヒット性の良い当たりを放ったが、相手の好プレーでなんと三重殺に倒れた。

 この日、秋山は3回の第2打席にライト前ヒット。続く5回の第3打席の打球はセンターの後方でバウンドして、そのままスタンドに入るエンタイトルツーベースを放ち、初のマルチ安打となった。秋山のこの一打でレッズ打線に火が点き、この回一挙7点を奪う。
  そして7回、レッズ打線はまたも連打で無死満塁。絶好の場面で秋山に打席が回ってきた。カウント0−2からの3球目、高めの4シームを逆方向にはじき返し、三塁線を抜ける痛烈なライナーになるかと思われたが、この打球をカブスの三塁手クリス・ブライアントが横っ飛びで好捕。とっさに三塁ランナーは戻れず、ブライアントがそのまま三塁ベースを踏んでアウト。さらに一塁へと送球してトリプルプレーとなった。

 さらなる大量得点の好機は逃したものの、最終的にこの試合は12対7でレッズが勝利。秋山は三重殺となった打球も含めて良い当たりを飛ばしており、明日のダルビッシュとのメジャー初対決は、見ごたえのあるものになりそうだ。

構成●SLUGGER編集部

【動画】三塁線を抜ける!…はずがまさかの三重殺

関連記事(外部サイト)