【パ・リーグ投手三冠ランキング】トップには“昭和の豪傑”たちが君臨。元メジャーリーガー2人もランクイン

【パ・リーグ投手三冠ランキング】トップには“昭和の豪傑”たちが君臨。元メジャーリーガー2人もランクイン

“平成の怪物”松坂が3位。メジャー移籍前の8年で獲得したタイトルは実に9回に上る。写真:滝川敏之

打者も投手も主要3部門のタイトル獲得は、リーグで突出した存在の証明と言える。ならば、その通算獲得数は歴代最高の選手を論じる上でのバロメーターにもなるだろう。最後に、パ・リーグで最も多く最優秀防御率、最多勝、最多奪三振に輝いた選手をベスト5形式で紹介する。※防=最優秀防御率、勝=最多勝、振=最多奪三振(連盟表彰のなかった時代もカウント)

1位 稲尾和久 12回(防5回、勝4回、振3回)
1位 鈴木啓示 12回(防1回、勝3回、振8回)
3位 野茂英雄 9回(防1回、勝4回、振4回)
3位 松坂大輔 9回(防2回、勝3回、振4回)
5位 村田兆治 8回(防3回、勝1回、振4回)
  リーグの特徴を表すかのように、いずれも劣らぬ豪傑ばかりだ。

 稲尾は別府緑丘高から西鉄へ入団した1956年にいきなり防御率のタイトルを獲得すると、翌年には当時のプロ野球最長記録である20連勝を達成。同年から2年連続で最優秀防御率と最多勝の二冠&MVPに輝いた。58年の日本シリーズでは7戦中6試合に登板(4完投)する獅子奮迅の働きで3連敗からの4連勝の大逆転勝ちに貢献し、「神様、仏様、稲尾様」と称えられた。今で言うカットボールとシュートを武器とした“鉄腕”は、61年にシーズン記録の42勝を樹立。最後のタイトル獲得は26歳と全盛期は長くはなかったが、主要3部門のタイトル獲得はパ・リーグ最多タイの12回を数える。

 一方、鈴木は長きにわたって第一線で活躍。近鉄在籍20年で築いた通算317勝は歴代4位、先発で挙げた通算287勝は歴代最多だ。「草魂」を胸に持ち前の剛速球で打者と真っ向勝負を続け、2年目(67年)から6年連続で奪三振王となったが、その代償として被本塁打が多く歴代最多の560本を浴びた。74年に最多奪三振を獲得した後はしばらく無冠が続いたが、球種を増やして投球を見直すと、77年から2年連続で最多勝、翌78年は最優秀防御率との二冠で盛り返し。ノーヒットノーランも2度達成している。
  野茂と松坂はメジャー移籍までのわずかな期間(5年/8年)で主要3部門を9回ずつ獲得した。代名詞のフォークで打者をきりきり舞いさせた野茂は、近鉄入団1年目から最高勝率も含めた投手四冠だけではなく、史上唯一となるMVP、沢村賞、新人王のトリプル受賞。その後は最多勝と最多奪三振のタイトル獲得を4年連続まで伸ばし、同期間中は毎年、投球回と与四球でもリーグ最多を記録するなど豪快そのもののピッチングだった。海を渡ってからもメジャーで“トルネード”旋風を巻き起こした。

“平成の怪物”として大きな注目を浴びながら西武に入団した松坂も、インパクトの大きさでは負けていない。155キロの速球を投じて片岡篤史(日本ハム)から三振を奪ったデビュー戦を皮切りに、高卒1年目の99年から3年連続の最多勝。当初は荒々しかった投球は年を追うごとに研ぎ澄まされ、2003年からは2年連続で最優秀防御率を獲得した。
  5位の村田は野茂や松坂と対照的に遅咲きで、代名詞の“マサカリ投法”とフォークを身につけたことで、プロ入り9年目の76年に飛躍。奪三振を前年の2倍近くとなる202個まで増やしてタイトル獲得に結び付けた。82年に右ヒジを故障するも、翌83年に当時まだ一般的でなかったトミー・ジョン手術を受けて復活。89年には40歳にして最優秀防御率のタイトルを獲得し、引退後も50代で時速145キロを投げたことでも話題を集めた。

文●藤原彬

著者プロフィール
ふじわら・あきら/1984年生まれ。『SLUGGER』編集部に2014年から3年在籍し、現在はユーティリティとして編集・執筆・校正に携わる。

【NPB AWARDS 2019】MVPはセ・リーグ坂本勇人&パ・リーグ森友哉に決定!ともに初受賞!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?