菅野智之、アクシデントに負けず開幕から無傷の6連勝!偉大な記録達成も、「自分一人では達成できない」

菅野智之、アクシデントに負けず開幕から無傷の6連勝!偉大な記録達成も、「自分一人では達成できない」

梅野の打球を右足に受け、悶絶しながらも治療後続投、見事な6勝目を挙げた巨人・菅野。写真:滝川敏之

巨人7−2阪神/8月4日/阪神甲子園球場
 
 巨人のエース・菅野智之が意地の投球を見せ、甲子園で行なわれた今年初めての伝統の一戦を制した。
 
 菅野は初回からスコアボードにゼロを並べていく。序盤は毎回走者を背負う苦しい展開ながら、得意のスライダーを中心に組み立て、阪神打線に得点を与えない。6回裏に阪神の3番サンズに2ランを浴びるも、6回まで2失点にまとめる。
 
 その間、巨人は初回に坂本勇人のソロで先制する。3回には北村拓巳がプロ初本塁打、5回には二死一、二塁から丸佳浩が左前にタイムリーを放ち、効果的に加点した。
 
 7回もマウンドに上がった菅野は、先頭の梅野隆太郎の打球を右足で止める。苦悶の表情を浮かべ足を抑えて座り込むと、自力で歩けない状態に。しかし、治療を受け続投、後続を断ち3人で抑えた。
 
 その後、8回には阪神の守備陣にミスが生まれ、巨人が4点を追加した。
 
 試合後、開口一番「痛いです」と足の状態を明かした菅野。それでも、「厳しいマウンドだったが、最低限の仕事ができた」と自身の投球を評価した。
  これで菅野は14年以来自身2度目の開幕から無傷の6連勝。2度の開幕6連勝は巨人史上初めてのことだ。球団史に名を刻んだ偉大なエースは「自分一人では達成できない記録。チームの積み重ねが自分に勝ちという形でついている」とチームメイトに感謝した。
 
 伝統の一戦を制し、貯金を11に伸ばした巨人。連勝をかけて5日は戸郷翔征が先発する。対する阪神は、本拠地甲子園での連敗は何としても避けたいところ。676日ぶりの一軍勝利を目指し、藤浪晋太郎が今季3度目の先発マウンドに上がる。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】気迫のピッチングを見せた菅野。足を使ってボールを止める!

関連記事(外部サイト)