「そんなもんでしょう」楽天・涌井が9回1死までノーヒットピッチング!球団史上初の大記録を逃すも本人は淡々

「そんなもんでしょう」楽天・涌井が9回1死までノーヒットピッチング!球団史上初の大記録を逃すも本人は淡々

新加入の涌井が大事な首位攻防戦で好投。大記録は惜しくも逃したが、9回1死までノーヒットピッチングを続けた。写真:金子拓弥(THE DIGEST編集部)

5日、楽天の涌井秀章が、楽天生命パークで行われた対ソフトバンク戦で快投を披露。惜しくも球団史上初のノーヒットノーランは逃したが、1安打完封で今季6勝目を挙げた。

 涌井は9回1死までノーヒットピッチングを続けたが、大記録目前の9回1死、代打の川島慶三にセンター前ヒット。だが、後続の今宮健太、柳田悠岐を二者連続三振に仕留め、1安打完封を達成した。

 出したランナーは四球の2人だけ。三振も7つ奪ったが、それ以上に打たせて取る投球が光り、打率でリーグダントツトップの柳田すら4打数無安打に押さえ込んだ。
 「ノーヒットノーランは全然意識していなかった」という涌井は、試合後のヒーローインタビューに、サバサバした表情で登場。大記録を逃しても、「そんなもんでしょう」と淡々としていた。

 昨季は3勝7敗に終わり、シーズン前には獲得した球団を批判する声もあったが、これでリーグトップを独走する6勝と見事に復活。この勝利でチームもソフトバンクに並ぶ首位に浮上した。

構成●SLUGGER編集部

【楽天PHOTO】侍ジャパンの稲葉監督が練習を視察!緊張感漂う中、それぞれが開幕へ向けて調整!

関連記事(外部サイト)