甲子園交流試合初戦は3対1で花咲徳栄が勝利!エース高森が好投、打線もプロ注目の大分商・川瀬から8安打

甲子園交流試合初戦は3対1で花咲徳栄が勝利!エース高森が好投、打線もプロ注目の大分商・川瀬から8安打

花咲徳栄はエース高森(写真)が絶妙なコントロールで9回1失点と好投。打線もプロ注目の右腕・川瀬から3点をもぎ取った。写真:徳原隆元

2020年甲子園高校野球交流試合が10日に開幕。その初戦で大分商と花咲徳栄が対戦し、花咲徳栄が3対1で勝利した。

 結果的には、両投手の立ち上がりが勝敗を分けた。初回、花咲徳栄の先発・高森陽生は、絶妙なコントロールで三者連続三振と完璧な立ち上がり。一方、大分商の先発・川瀬堅斗は苦しんだ。ショートの悪送球で1番・南大輔の出塁を許し、3番・浜岡陸にも四球を与え、1死一、二塁でプロ注目の4番・井上朋也との対決を迎える。
  変化球を主体に攻めた川瀬だが、なかなかストライクが入らず、またもフォアボールを与えてしまう。続く5番・中井大我にはカウント2−2から押し出し死球。さらに6番・渡壁幸祐にライト前にタイムリーを打たれ、いきなり3点を先制される。

 川瀬は2回以降は立ち直り、毎回ランナーを出すも要所は抑えて無失点。大分商打線も6回に1点を返すも、高森の好投の前に決め手を欠いた。8・9回はいずれも三者凡退に抑えられ、奇しくも川瀬が最後の打者となった。熱戦は花咲徳栄が3対1で制した。

構成●SLUGGER編集部

【PHOTOギャラリー】球界を牽引する名手たちの「高校」「大学」当時を秘蔵写真で振り返る
 

関連記事(外部サイト)