「やっぱり高校野球はいい!」甲子園交流試合第2試合は、逆転に次ぐ逆転で明徳義塾が劇的なサヨナラ勝ち!

「やっぱり高校野球はいい!」甲子園交流試合第2試合は、逆転に次ぐ逆転で明徳義塾が劇的なサヨナラ勝ち!

劇的なサヨナラ勝ちを祝う明徳義塾ナイン。交流試合といえども、例年の夏の甲子園大会に劣らないドラマティックなゲームだった。写真:徳原隆元

見応えのある投手戦となった第1試合に引き続き、10日の甲子園交流試合は、第2試合の明徳義塾対鳥取城北も好ゲームが繰り広げられた。

 1回表、1番・畑中未来翔のレフト前ヒットに始まり、3安打で鳥取城北が1点を先制。だが2回裏、明徳義塾は四球→死球→送りバント→犠牲フライとつなげてノーヒットで同点に追いつく。さらに5回にも同じような流れで1点を追加し、あわやノーヒットで勝利なるかと思われた。

 だが、鳥取城北もただでは終わらなかった。8回表、6安打の猛攻で4点をもぎ取って逆転。しかし明徳義塾もその裏に反撃して2点を上げ、5対4で試合は9回へ。追加点を挙げたい鳥取城北は、先制の契機となった畑中が一死から今日3本目のヒットで出塁するが、2番岡本京太郎が併殺打で無得点に終わった。
  何とか逃げ切りたい鳥取城北は3番手の中川央を投入。だが、中川は死球と四球で2死一、二塁とされてしまう。この状況で4番・新沢送颯真を迎えるにあたり、前の回まで好投し、この回はライトに回っていた坂上陸をマウンドへ呼び戻した。

 坂上と新沢の対決は初球がワンバウンドとなるカーブ。2球目はインコースのストレートだったが、新沢はこれを強振。打球はライトの頭上を超え、逆転サヨナラの2点タイムリーヒットとなった。まるで“いつもの夏”を彷彿とさせるような好ゲームに、ファンからは「ナイスゲーム!」「おめでとう明徳義塾!」「やっぱり高校野球はいい!」と絶賛の声が集まった。

構成●SLUGGER編集部

【PHOTOギャラリー】球界を牽引する名手たちの「高校」「大学」当時を秘蔵写真で振り返る

関連記事(外部サイト)