甲子園交流試合3日目初戦は、今大会初の延長戦へ。熱戦は中京大中京が4対3でサヨナラ勝ち!

甲子園交流試合3日目初戦は、今大会初の延長戦へ。熱戦は中京大中京が4対3でサヨナラ勝ち!

中京大中京の150キロ右腕、高橋は延長10回を完投。150球近い力投が報われた。写真:徳原隆元

甲子園交流試合も3日目に突入した8月12日。第1試合は、愛知県の中京大中京と奈良県の智弁学園が対戦。中京大中京が4対3で勝利した。

 昨年の明治神宮大会を制覇した中京大中京に対し、2年生主体の智弁学園が挑む構図となった試合は、激戦となった。

 中京大中京は初回から打線が爆発し、4安打の猛攻でまず3点を先制。先発の高橋宏斗も、150キロを超えるストレートとキレのいいスライダーが冴え、3回まで無失点に抑える。だが4回、二者連続デッドボールをきっかけに満塁とされ、3点を失って試合は振り出しに。
  同点の一打を放ったのは、智弁学園の2年生エース西村王雅だった。二死満塁からライトへの2点タイムリー。ピッチングでも立ち上がりこそ苦しんだが、その後は力投。特に4回に同点に追いついた直後には、三者連続三振と気迫の投球を見せた。

 5回以降は両投手の緊迫した投げ合いが続く。8回裏、智弁学園の西村は無死一、二塁のピンチでクリーンアップを迎えるも、4番・印出太一を捕邪飛、5番・吉田周平をピッチャーゴロ併殺に打ち取ってピンチを切り抜けた。9回表には中京大中京・高橋が失策とフォアボールでランナーを2人出すが、最後はこの日最速の153キロで見逃し三振に切って取った。

 9回終わって3対3の同点のまま、試合は今大会初の延長戦へ突入。死闘を制したのは中京大中京。走者一、二塁から開始するタイブレークで、延長10回裏に9番・村上遼雅のバントがエラーとなって満塁に。1番・西村友哉のセカンドへのインフィールドフライを落球する間に三塁ランナーが生還。激闘はサヨナラゲームで決着した。 

構成●SLUGGER編集部

【PHOTOギャラリー】球界を牽引する名手たちの「高校」「大学」当時を秘蔵写真で振り返る
 

関連記事(外部サイト)