西武が先発全員打点の猛攻で連敗脱出に成功!高木渉はプロ初の猛打賞

西武が先発全員打点の猛攻で連敗脱出に成功!高木渉はプロ初の猛打賞

1番に座った高木が5打数3安打2打点で自身初の猛打賞。“山賊打線”の火付け役を立派に果たした。写真:田中研治

メットライフドームで14日に行われた西武対楽天の9回戦は、西武の先発がニール、楽天が則本昂大と両エースの投げ合いだったにも関わらず、終わってみれば13対8と乱打戦の末、西武が勝利した。

 西武は1回表に2点を先制されるも、その裏にすぐさま1番・高木渉から5番・栗山巧までの5連打で反撃し、3点を挙げて逆転。その後は逆転されては追いつきを繰り返す。5回に7番・森友哉からの6連打で6点を入れて5点差と突き放して試合のイニシアチブを握った。
  投手陣も先発のニールこそ3回6失点だったものの、4回からは5投手の継投でリードを守り、最後はクローザーの増田達至が3人で締めて8試合ぶりの勝利。4番・山川穂高を除くスタメンが全員安打、山川も含めて先発全員打点と“山賊打線“が威力を発揮し、特に1番の高木はプロ初の猛打賞で2打点を挙げて連敗脱出に貢献した。

 楽天は初回表、3番・茂木栄五郎の先制2ランを皮切りに、4回までは毎回得点を重ねたものの、投手陣が5回までに12失点。茂木が2打席連続本塁打で全8得点のうち6打点を挙げ、6回には4番の浅村栄斗がリーグトップタイに並ぶ15号ソロ本塁打を放つも追いつけなかった。

構成●SLUGGER編集部

【西武PHOTO】スローガンは「Leolution!(レオリューション)」悲願の日本一を目指してキャンプイン!
 

関連記事(外部サイト)