昨年夏の決勝で戦った星稜と履正社が再び甲子園で対決。結果は10対1でまたも履正社に軍配!

昨年夏の決勝で戦った星稜と履正社が再び甲子園で対決。結果は10対1でまたも履正社に軍配!

昨年夏の優勝投手・岩崎は、打線の大量援護を背に星稜打線を1失点に抑え込んだ。写真:徳原隆元

甲子園交流試合も4日目。15日の履正社vs星稜の第1試合は、10対1で履正社が勝利した。

 昨年夏の決勝戦と同じ顔合わせとなる好カードだったが、今回は打って変わって一方的な展開となった。

 履正社は初回、先頭の池田凛が内野安打で出塁。続く2番・中田陽志がランエンドヒットを決め、守備がもたつく間に池田が生還し、早くも先取点を挙げる。また、5番・大西蓮が1死一、三塁の場面で二塁を強襲するゴロを放ち、その間に三塁ランナーが還って1点を追加した。
  さらに2回には、打者一巡の猛攻で一気に6得点。序盤から星稜を突き放し、終盤の7回と9回にもそれぞれ1点を追加し、最終的に9点差で快勝した。エース岩崎峻典は、全135球で9回を投げ抜き、1失点完投勝利。

 星稜は先発の萩原吟哉が、変化球を履正社打線に見極められて序盤から滅多打ちに。3回以降は2投手の継投で2失点に抑えたものの、打線がわずか1得点と沈黙。9回裏には4番・内山壮真があわやホームランという一打を放ったが、スタンドには届かなかった。

構成●SLUGGER編集部

【PHOTOギャラリー】球界を牽引するスター選手たちの「高校」「大学」当時を秘蔵写真で振り返る
 

関連記事(外部サイト)