【甲子園で見たかったドラフト候補:投手】急成長を遂げた福岡大大濠・山下、左腕では静岡商・高田に注目!

【甲子園で見たかったドラフト候補:投手】急成長を遂げた福岡大大濠・山下、左腕では静岡商・高田に注目!

力強いストレートが魅力の山下。甲子園とは無縁だったが、ドラフトでは高評価を集めそうだ。写真:西尾典文

甲子園交流試合では、中京大中京の高橋宏斗が150キロ台を連発するなど、多くのドラフト候補がアピールしている。その一方で春の県大会、地区大会がなくなり、代替大会が最後の公式戦となってしまった有望選手も少なくない。そこで今回は、甲子園の大舞台で活躍が見たかったドラフト候補を紹介しよう。まずは投手編だ。なお、下級生時代に甲子園でプレーした選手は除外した。

 投手で今年最も評価を上げたのは山下舜平大(福岡大大濠)だろう。下級生の頃から主戦で、2年春に出場した九州大会でも140キロ以上をマークしていたが、当時は上背こそあるもののまだ線が細く、典型的な未完の大器という印象だった。ところがこの1年で見違えるように体が大きくなり、それに比例するようにスピード、コントロールとも格段にレベルアップを果たした。

 福岡地区大会の決勝でのピッチングを現地で見たが、立ち上がりから終盤までストレートは145キロを下回ることがほとんどなく、延長11回にはこの日最速となる151キロをマーク。ただ速いだけでなくゆったりとしたモーションでスムーズに上から腕を振ることができており、両サイドへの制球力も安定している。ストレートの質だけなら、大学生・社会人を含めても指折りだろう。
  また、将来を考えて変化球以外のカーブを封印しているということにも驚かされた。多彩な変化球を操る高校生が多い時代にこのスタイルは異色とも言えるが、ここからスライダーやフォークを身につけた時にどのような投手になるか、夢は膨らむばかりである。有力なドラフト1位候補であることは間違いない。

 サウスポーで筆頭候補となりそうなのが高田琢登(静岡商)だ。こちらは山下とは対照的に入学直後から評判の投手で、旧チームでも不動のエースとして活躍しながら順調にレベルアップを果たしてきた。馬力よりセンスが光るタイプで、高校生左腕にありがちな粗々しさがなく、スムーズなフォームからのサウスポーらしい角度のあるボールが持ち味だ。アベレージは140キロ台前半だが、力を入れると145キロを超えることも珍しくない。スライダー、チェンジアップと対になる変化球のレベルも高く、試合を作る能力の高さは高校生ではトップレベルだ。サウスポーが不足しているチームにとっては非常に魅力的な投手と言えるだろう。
  左投手でもう一人有力な候補となりそうなのが根本悠楓(苫小牧中央)だ。中学時代は軟式野球部だったが、全国大会で完全試合を達成するなど当時から評判だった投手である。道内外の強豪校からの誘いもあったが地元の苫小牧中央に進学し、着実にレベルアップしてきた。172pと上背はないものの、がっちりした体格で馬力は申し分なく、ストレートは毎試合140キロ台中盤を計時。それ以上に素晴らしいのがコントロールと投球術だ。右打者の内角にも腕を振って速いボールを投げられ、左右、高低をフルに使って打ち取る投球は安定感十分だ。投球スタイルとしては田口麗斗(巨人)が重なり、早くから一軍の戦力になる可能性もありそうだ。

 その他では小牟田龍宝(青森山田)、豆田泰志(浦和実)、高田竜聖(遊学館)、加藤翼(帝京大可児)、小辻鷹仁(瀬田工)などの名前が挙がる。小牟田は昨年、堀田賢慎(巨人)とともに主戦を任されていた東北屈指の本格派右腕。昨年からさらにスピードアップし、今年に入って150キロもマークしている。運動能力が高く、野手としても高いパフォーマンスを見せているのも魅力だ。豆田は小柄ながら、打者の手元で浮き上がるような最速146キロのストレートが持ち味。昨年春の関東大会では山梨学院、夏の埼玉大会では浦和学院を完璧に抑え込んで評価を上げた。同じタイプの山本拓実(中日)が早くから一軍戦力になっていることも追い風となりそうだ。
  高田も県内のライバルである星稜を相手に好投を見せており、北陸では屈指の実力を誇る。少し奥川恭伸(ヤクルト)と雰囲気の似たフォームで、140キロ台中盤のストレートは勢い十分だ。加藤は最速153キロを誇る東海地区屈指の右腕。まだ安定感には欠けるものの、ギアを上げた時のスピードは全国でも指折りだ。チーム内に他にも好投手がいたこともあって、無理な起用を抑えられたのもプラスになりそうだ。小辻はサイドに近いスリークォーターから最速146キロのストレートを投げ込む。コントロールには課題が残るものの、意外に変化球も悪くない。上手く化ければ斎藤雅樹(元巨人)のようなタイプの投手に育つ可能性を秘めている。

 こう並べてみると、春の県大会がなかったことで上手くレベルアップした例も多いように感じる。ドラフト当日の巡り合わせ次第では、ここで紹介した選手の名前が早く呼ばれる可能性も十分にありそうだ。

文●西尾典文

【著者プロフィール】
にしお・のりふみ。1979年、愛知県生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。アマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる。ドラフト、アマチュア野球情報サイト「プロアマ野球研究所(PABBlab)」を2019年8月にリリースして多くの選手やデータを発信している。

【PHOTOギャラリー】球界を牽引する名手たちの「高校」「大学」当時を秘蔵写真で振り返る

関連記事(外部サイト)